« 前原につける薬もない日本 | トップページ | 入れ知恵で世界を騙す思い付き »

後手後手で嘘を繕うのが政府

福島の校庭表土除去、費用の98%まで国費負担
 福島県内の小中学校の校庭などで通常より高い放射線量が検出され、一部自治体で進めている表土除去について、高木文部科学相は27日の閣議後の記者会見で、校庭などの放射線量が毎時1マイクロ・シーベルト以上の公立学校については、費用の98%まで国費で負担する方針を明らかにした。
 残り2%は自治体の負担になる。
 文科省は当初、表土除去は不要との立場だったが、各自治体は独自判断で除去工事に踏み切っており、国に財政支援を求めていた。高木文科相は、「できるだけ不安を減らし、安心してもらうための措置」と述べた。また、鈴木寛副大臣は「できるだけ(年間積算線量の)1ミリ・シーベルト以下を目指す」と述べた。(以上(2011年5月27日13時23分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110527-OYT1T00563.htm

 子供でも年間20ミリシーベルトまでの被曝を容認した文科省が、急に校庭の表土除去の費用の98%まで国費で負担することを打ち出した。
 そもそも、20ミリシーベルトの上限値は、非常時の大人に対する数値であり、そのまま当てはめたことは文科省の暴挙だった。少しでも、子供の被曝量を少なくするために、自治体独自で表土除去を行っていたが、それに便乗した形だ。また、放射線量の測定のやり方自体もおかしい気がする。なぜ、地面ではなく地上1メートルの位置なのかもハッキリしない。子供は空中を浮遊しているのではなく、地面に足を着けているのだから、地面の放射線量を少なくとも足の裏は浴びているのだ。原発菅災発生直後に、原子村出身の学者が、放射性物質に汚染されているのは、地面の表面近くだけなので、雨で拡散する前に除去すればよいと言っていた。それを地方自治体が独自に表土除去を行って、放射線量が1/10以下になることを証明するまで、動かなかった文科省の不作為行為は許されるものではない。また、今回対象とした毎時1マイクロ・シーベルト以上という基準の算定理由も明らかにしていない。年間20ミリシーベルトの被曝量は、毎時3.7マイクロ・シーベルトと言われているので、毎時1マイクロ・シーベルトとしても、年間5ミリシーベルト強の被曝量となり、鈴木寛がほざいている「1ミリ・シーベルト以下」という目標値とも整合性がない。年間1ミリ・シーベルト以下を目指すのであれば、対象校は、毎時0・2マイクロ・シーベルト以上にしなければ矛盾する。まあ、菅無能内閣自体が矛盾と嘘の塊なので、どうせ高木のバカも国賊・菅直人に習って思い付きでほざいただけだろう。
 表土除去は不要とした文科省の見解は誰が出したのか、犯人を明確にするべきだ。(No.2943-2)

|

« 前原につける薬もない日本 | トップページ | 入れ知恵で世界を騙す思い付き »

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51781666

この記事へのトラックバック一覧です: 後手後手で嘘を繕うのが政府:

« 前原につける薬もない日本 | トップページ | 入れ知恵で世界を騙す思い付き »