« 原発を政治主導で破壊する | トップページ | 官邸の水掛け論に証拠なし »

妥協点見つけ訂正する政府

班目氏発言「再臨界、ゼロではない」と政府訂正
 政府・東京電力統合対策室は22日、福島第一原発1号機の原子炉への海水注入を3月12日に中断した際、内閣府原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長が菅首相に「再臨界の危険性がある」と進言したとしていた21日の発表を訂正した。
 班目氏の発言について、「首相から再臨界の可能性を問われ、可能性はゼロではないとの趣旨の回答をした」と改めたが、再臨界の問題が注入中断に影響した可能性に変わりはなく、野党はわずか1日で訂正されることになった経緯も含め、国会審議で追及する構えだ。
 発言内容の訂正は、班目氏が22日、首相官邸で福山哲郎官房副長官、細野豪志首相補佐官に申し入れた。出席者によると、発表の訂正を求める班目氏に、福山氏らが「可能性はゼロではない」と発言したとする案を提示、班目氏も了承したという。細野氏は22日夜、記者団に、「(発言内容の)基本路線は変わっていない」と述べた。その後、菅首相に訂正を報告した。(以上(2011年5月23日01時33分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110522-OYT1T00444.htm

 福島第一原発事故と称される災害は、国賊・菅直人によって引き起こされた菅災であることが、2か月も経ってからではあるが、明らかにされつつある。
 しかし、大本営菅邸のダッチロールは、飽くことを知らない。政治屋の放言は、例え国会であろうとも、議事録訂正をすれば、何を言っても咎められないという法律によって守られて、問題があれば、後で訂正すれば済むという習性が染みついている。政治資金にしても同じことだ。外国人献金でも返せば、政治資金規正法違反を問われることはない。このような国会議員の特権が、いい加減な政治を産んでいる温床と言っても過言ではあるまい。
 今回は、政府の公式発表を訂正するという暴挙に出たのが菅無能政権だ。しかし、この訂正も、政治屋の妥協の産物であることが、この新聞記事から読み取れる。それは、「福山氏らが「可能性はゼロではない」と発言したとする案を提示」という部分だ。なぜ、斑目氏の発言通りに訂正せずに、福山哲郎が発言案を提示して斑目氏が了承するというプロセスが必要なのだろうか。
 真実が出せない大本営の政治ごっこに国民は付き合わされなければならないのだろうか。国賊・菅直人が、「国が最期まで責任を持って」などとほざいているが、国賊・菅直人が、「国の責任」と言っているのは、税金でケリをつけると同義だ。今回の菅災における国の責任は、災害を広めたのに積極的に関わった国賊・菅直人以下菅邸内に屯する政務三役、民主党、民主党代議士全ての個人資産の資産没収及び党の資産没収により財源を捻出し、それでも足りない部分は民主党を選んだ国民の道義的責任とすべきではないだろうか?(No.2939)

|

« 原発を政治主導で破壊する | トップページ | 官邸の水掛け論に証拠なし »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51746421

この記事へのトラックバック一覧です: 妥協点見つけ訂正する政府:

« 原発を政治主導で破壊する | トップページ | 官邸の水掛け論に証拠なし »