« 不都合の想定外は変わらない | トップページ | 平和宣言に被爆者の声反映す »

半日も事故を出すのに考える

5号機の冷却機能一時喪失 福島第一、半日遅れで公表
 東京電力は29日、福島第一原子力発電所5号機で、原子炉と使用済み核燃料の燃料プールを冷やす仮設ポンプが停止して一時的に冷却機能が失われたが、その後、予備ポンプで復旧した、と発表した。停止がわかったのは28日午後9時ごろだが、公表したのは半日ほど遅れた29日午前9時だった。東電は公表時期の判断の誤りを認めた。福島県からも公表の遅れを厳重に注意されたという。
 故障したのは熱を海に逃がすのに使う海水ポンプ。ポンプを動かすモーターの電気回路に不具合が生じたためという。29日午前8時から予備のポンプに接続を切り替える作業を進め、29日午後0時50分ごろ、冷却機能が復旧した。
 公表遅れの理由について東電は29日夜の会見で、予備のポンプがあらかじめ用意され、それを動かす工事を優先したこと、ほかの緊急の注水手段もあったことなどを挙げた。
 だが、予備機への切り替え作業は当初計画した3時間を超えて4時間以上かかった。その間、28日午後5時時点で60.8度だった原子炉の水温は復旧時には94.8度まで上昇した。(以上(朝日新聞2011年5月29日21時36分)より引用)
http://www.asahi.com./national/update/0529/TKY201105290068.html

 原発現場では、懸命な作業が続いているが、東京電力本社の大本営は、相変わらず、情報を出すタイミングばかりを考えているようだ。
 国賊・菅直人がG8で、情報開示を早くすると約束しても、東電本社には馬耳東風だ。実際は、これまで、2ヶ月半も掛かっていたのが半日に短縮したとでも東電は言いたげにも感じる。東電の遅れた言い訳として、「予備ポンプを動かす工事を優先した」とほざいているが、東電本社の誰が、予備ポンプの工事に携わったというのだろうか?工事をしたのは原発現場であり、本社大本営は、ただテレビ電話で眺めていただけではないのか。それとも、情報をすぐに出せば、被災者がパニックになるという都合の良い配慮でも見せたのだろうか?
 東京電力には、全く罪悪感を感じているようには見えない。原発村の一員として組織ぐるみでやっているからだ。このような場合、組織を罰しても責任のなすり合いになるだけなので、組織の責任者の刑事罰を問えるようにするべきだ。そのためには、特別立法も必要だろうが、事故後、30分以内に情報を出さなかった場合には、今だと武藤副社長の罪を問えるようにするのだ。当然、監督官庁である原子力不安院、経済産業省、菅邸の原発責任者も監督責任を問えるようにするべきだ。そうすれば、他人事のようなことは、ほざけなくなるだろう。東電という情報隠蔽の確信犯に、事態収拾をやらせるのであれば、刑事罰で縛るしか方法はあるまい。(No.2946)

|

« 不都合の想定外は変わらない | トップページ | 平和宣言に被爆者の声反映す »

「ニュース」カテゴリの記事

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51806729

この記事へのトラックバック一覧です: 半日も事故を出すのに考える:

« 不都合の想定外は変わらない | トップページ | 平和宣言に被爆者の声反映す »