« スクープでようやく分かるのが事実 | トップページ | 真実は隠し事実から目を背け »

蓮舫が大臣してもこの程度

存在感ない蓮舫節電担当相 首相の思いつき人事の犠牲者説も
 東京電力福島第1原発事故を受け、菅直人首相が節電啓発担当相に任命した蓮舫氏の存在感が薄い。
 13日で就任から丸2カ月となったが、お茶の間の注目を浴びた“仕分けの女王”の面影はすでになく、期待された国民への発信力も疑問符がつく。周囲からは首相の思い付き人事の“犠牲者”との同情論も出ている始末だ。(坂本一之)
 「(これから)積極的に広報活動、メディアへの登場も含めてさまざまなイベントがあれば積極的に出ていって訴えていきたい」
 東京電力と東北電力管内の企業や家庭に一律15%の節電を求めることが決まったことを受け、蓮舫氏は13日の記者会見で、節電啓発に努める考えを強調した。
 蓮舫氏といえば、事業仕分けでテレビを中心にメディア露出戦略を練り、国民を味方につけることで霞が関の抵抗を封じようとした印象が強いが、今回その手法はうまくとれていない。
 震災発生以降、テレビ出演したのは5月8日に集団食中毒事件に関し、食品安全担当相としてテレビ朝日の番組に出ただけ。東京都の石原慎太郎知事に節電を要請したり、プロ野球の節電の取り組みに関連して日本プロ野球選手会の新井貴浩会長と会談したりはしたものの、埋没気味だ。
 「節電は海江田万里経済産業相の所管で蓮舫氏には権限がない。政府の情報発信役は枝野幸男官房長官のため、蓮舫氏が主導的に活動することはできない」
 政府関係者はこう同情する。首相が思い付きで任命したものの、実はそうやることがないというわけだ。民主党内にも「そもそも節電啓発担当相というポストが必要なのか」との疑問がある。蓮舫氏は会見で「(自身の知名度が)強く生かされていない点は真摯(しんし)に反省したい。各大臣と連携をとりながら発信はしていきたい」と語った。(以上(MSN産経ニュース,2011.5.13 22:17)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110513/plc11051322190024-n1.htm

 蓮舫節電啓発担当相の影さえ見えない内に、東京電力、東北電力管内の省エネ目標が15%ダウンという形で決まった。
 蓮舫も結局は、菅無能政権において単なるお飾りに過ぎなかったということを如実に示しているだけだ。なぜ、お飾りにしかならないか、それは、担当相というのは、その指示下に省庁という部下を持たない大臣であると同時に、電力関連は経産相の管轄で、役割がダブっているからだ。例えば、担当相でも、蓮舫ならば、経産省の電力関連部門を経産相から切り離して、その指示下に置くというのであれば、まだ、仕事ができるだろう。しかし、今の状況を見る限り、大臣という肩書きだけで何も実質仕事ができていない。
 国賊・菅直人は、内閣法を改悪してまで大臣を3人増やしたいと閣議決定した。しかし、大臣が何人増えようとも、蓮舫と同じ扱いならば、何も仕事はできないだろう。これも、歴史的評価を受けなければ、分からない国賊・菅直人が総理でいる悲劇だ。(No.2930)

|

« スクープでようやく分かるのが事実 | トップページ | 真実は隠し事実から目を背け »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51665350

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮舫が大臣してもこの程度:

« スクープでようやく分かるのが事実 | トップページ | 真実は隠し事実から目を背け »