« 想定外にまだ懲りてない不安院 | トップページ | 浜岡を止めて支持率戻したい »

情報を出さぬ政府の不快感

4号機の壁大きく破壊…原子力委専門委員が撮影
 福島第一原子力発電所の事故発生から約1か月半後の4月22日に、原発敷地内を撮影した映像を、原子力委員会専門委員で、「独立総合研究所」社長の青山繁晴氏が明らかにした。
 青山氏が車内から撮影した映像には、4号機タービン建屋の1階部分の壁が大きく壊れ、中の設備がむき出しになった様子が映し出されている。
 周辺には、地面に突き刺さった状態の自動車や、ぐにゃぐにゃに曲がったフェンスもあったといい、青山氏は「津波による被害は、軍事攻撃を受けたのかと思うほどすさまじかった」と話している。
 青山氏は東電や政府と調整した上で訪問したと説明。一方、細野豪志首相補佐官は2日の記者会見で、青山氏の訪問について、「政府としてではなく、個人として入った。今後はないようにする」と不快感を示した。(以上(2011年5月3日21時47分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110503-OYT1T00528.htm

 青山繁晴氏が撮影した福島第一原発の映像について、首相補佐官の細野豪志が不快感を露わにしたという。
 この件については、TVタックルで青山氏が、「菅邸の副大臣から圧力が掛かった」と話しておられたが、なぜ、細野が不快感を示さなければならないのか、理解に苦しむ。そもそも、原発の映像と言えば、某放送局の40キロ先からの映像か、自衛隊・東電の撮影した映像しか放映されていない。不都合な所の映像は、カットしていると考えてもおかしくない。それが、今回、4号機タービン建屋とその周辺の映像が初めて公開されたのだ。どうして、菅邸は、このような映像を隠蔽していたのだろうか。これは、政府・菅邸による情報隠蔽に他ならない。
 国賊・菅直人と愚直・枝野は「情報の隠蔽は一切ない」と言い切っていたが、SPEEDIの予測データの隠蔽、原発映像の隠蔽が明らかになった。これは、国民に対する背任行為だ。菅無能政権の嘘を国会の場で明らかにする必要がある。それは、委員会質疑ぐらいでは、「まったくあてはまらない」などちゃらんぽらんな発言を繰り返す国賊・菅直人に対して効果がない。証人喚問の場で明らかにするべき内容だ。
 当然、証人喚問には、委員会全会一致の採択が必要だ。民主党が国賊・菅直人を庇うか庇わないか、民主党に踏み絵を踏ませて、「菅おろし」を促進すべきだ。(No.2923)

|

« 想定外にまだ懲りてない不安院 | トップページ | 浜岡を止めて支持率戻したい »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51592706

この記事へのトラックバック一覧です: 情報を出さぬ政府の不快感:

« 想定外にまだ懲りてない不安院 | トップページ | 浜岡を止めて支持率戻したい »