« 事故調査政治主導でする茶番 | トップページ | スクープでようやく分かるのが事実 »

国民を騙し続ける民主党

米公電公表、松本外相「コメント適切でない」 特別委
 参院沖縄・北方特別委員会で11日、内部告発サイト「ウィキリークス」が公表した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる米外交公電の内容について、自民党の宇都隆史氏が追及。松本剛明外相は「コメントするのは適切ではない」と繰り返した。
 公電によると、2009年末から昨年初めにかけて鳩山政権の幹部が米国側に、移設先が見つからなければ現行案通り名護市辺野古沖に戻すと伝えていた。松本外相は「不正な方法で外交上の秘密と称される文書が公開されたことは極めて遺憾」と答弁。宇都氏は「ノーコメントでは沖縄県民は理解できない」と批判した。(以上(朝日新聞2011年5月11日20時6分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0511/TKY201105110385.html

 内部告発サイト「ウィキリークス」で、沖縄に対する鳩山の嘘八百が曝露された。
 それに対して、松本剛明は、「コメントするのは適切ではない」と白を切り通した。これで、民主党政権は、菅無能政権だけでなく、ルーピー鳩山由紀夫時代から、国民を騙し続けたことが明らかになった。松本剛明は、外交機密が漏洩されたことを遺憾と言っているが、国民にとっては、アメリカに対する顔と国民に対する顔が違う民主党政権の存在自体が遺憾だ。
 正しい政治をしていれば、例え不正な方法で外交機密が曝露されようとも、何も問題ないはずだ。嘘八百並べて政権を搾取した民主党自体が問題なのが、分からないバカたれが外相に居座っていることの方が問題だ。と言うより、民主党の存在自体が、今の日本の国難そのものだ。一日も早く、菅邸20キロ圏内の民主党議員の殺処分も行って欲しいものだ。(No.2928-2)

|

« 事故調査政治主導でする茶番 | トップページ | スクープでようやく分かるのが事実 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51651874

この記事へのトラックバック一覧です: 国民を騙し続ける民主党:

« 事故調査政治主導でする茶番 | トップページ | スクープでようやく分かるのが事実 »