« 蓮舫が大臣してもこの程度 | トップページ | 平年値上げて予報のクールビズ »

真実は隠し事実から目を背け

津波前に重要設備損傷か 福島第1原発1号機、地震の揺れで 建屋で高線量蒸気 耐震指針、再検討も
 東京電力福島第1原発1号機の原子炉建屋内で東日本大震災発生当日の3月11日夜、毎時300ミリシーベルト相当の高い放射線量が検出されていたことが14日、東電関係者への取材で分かった。高い線量は原子炉の燃料の放射性物質が大量に漏れていたためとみられる。
 1号機では、津波による電源喪失によって冷却ができなくなり、原子炉圧力容器から高濃度の放射性物質を含む蒸気が漏れたとされていたが、原子炉内の圧力が高まって配管などが破損したと仮定するには、あまりに短時間で建屋内に充満したことになる。東電関係者は「地震の揺れで圧力容器や配管に損傷があったかもしれない」と、津波より前に重要設備が被害を受けていた可能性を認めた。
 第1原発の事故で東電と経済産業省原子力安全・保安院はこれまで、原子炉は揺れに耐えたが、想定外の大きさの津波に襲われたことで電源が失われ、爆発事故に至ったとの見方を示していた。(以上(MSN産経ニュース,2011.5.15 02:00)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110515/dst11051502000005-n1.htm

 福島第一原発1号機建屋内の放射線量が、震災当日夜には300ミリシーベルトであったことが、ようやく分かった。
 この事実は、「津波によって冷却機能が停止し、水素爆発に至った」と言ってきた、これまでの東電・原子力不安院・菅邸(枝野)の大本営発表を覆すものだ。今回の内容は、地震動により原子炉部分が破損して、早い時期に放射性物質が漏れだしたと考える方が妥当だろう。そうなると、東電は、不都合な情報を隠蔽した上、さらにその事実から考えられる最悪も想定せずに、原子炉部分に破損がないとして水棺作業を淡々とやっていたことになる。また、最近になって、ようやく東電は、燃料棒のメルトダウンを認めたが、事故直後、原子力保安院の会見でメルトダウンに言及した保安院の中でも原発に詳しい人物をそれ以降の会見から外し、余計な知識の欠片も無い原稿以上の発言などできない西山英彦に取り替えた原子力不安院の情報隠蔽という犯罪も許されないことだ。まして、菅無能政権の官房長官は、「万が一のため」、「直ちに影響はない」を嘘ばかり並べたこととなる。その上、国賊・菅直人は、浜岡原発停止要請を英断と自画自賛しているが、福島第一原発1号機が、地震に持たなかったとすれば、「津波対策ができたら再開」などとほざいている無知無能の国賊・菅直人も脳天気の塊だ。
 東京電力からすれば、原子炉からの漏水は、想定外のことで工程表を書き換える絶好のチャンスぐらいに思っているだろう。しかし、この放射線量検出という事実から、配管の破損という想定ができていれば、もっとまともな対応ができたはずだ。真実を頬被りして、想定すべきことを想定せずに「想定外」という東電の企業体質も、「思いつき」で政治を動かす国賊・菅直人の性格も変わらないだろう。国内で対応が付かなければ、海外に援助を求めるしか手立てはないが、それを決断できる人間が、民主党内には皆無だ、もしかすると、全国会議員がそうかも知れない。(No.2931)

|

« 蓮舫が大臣してもこの程度 | トップページ | 平年値上げて予報のクールビズ »

川柳」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51674026

この記事へのトラックバック一覧です: 真実は隠し事実から目を背け:

« 蓮舫が大臣してもこの程度 | トップページ | 平年値上げて予報のクールビズ »