« 嘘を吐くことを政治という民主 | トップページ | 妥協点見つけ訂正する政府 »

原発を政治主導で破壊する

政府、首相の関与否定に躍起 海水注入中断問題 過去の政府資料を訂正
 東京電力福島第1原発への海水注入が菅直人首相の「聞いていない」発言により中断したとされる問題で、政府は21日、打ち消しに躍起となった。細野豪志首相補佐官は過去に発表した政府資料を都合良く訂正した上で「事実に基づかない」と反論したが、政府関係者の証言との矛盾がますます増えており、むしろ疑念は深まった。自民党は週明けから国会で徹底追及する構え。
 細野氏は21日夕、都内の東電本店で開かれた政府・東電統合対策室の記者会見で経緯を説明した。
 それによると、首相は3月12日午後6時に始まった政府内協議で「海水注入で再臨界の危険性はないか」と聞いたところ、原子力安全委員会の班目春樹委員長が「危険性がある」と指摘したため、ホウ酸投入を含めた方法を検討した。
 東電は午後7時4分から1号機でホウ酸を入れない「試験注入」を始めたが、官邸の指示を待つために同25分に注入を停止。首相が海水注入を指示したのは同55分だったとしている。
 細野氏は、東電の試験注入について「原子力安全・保安院には口頭で連絡があったが、官邸には届かなかった。首相が激怒することもない。私が知ったのも10日ほど前で驚いた」と首相の関与を否定。過去に公表した政府資料に「午後6時の首相指示」との記載があることについては「『海江田万里経済産業相が東電に海水注入準備を進めるよう指示した』と記述するのが正確だった」と訂正した。
 複数の政府筋によると、首相が海水注水について「聞いていない」と激怒したことは複数の政府関係者が記憶しており、斑目氏が「海水注入は再臨界の危険性がある」などと指摘した事実もないという。
 この問題を受け、自民党の谷垣禎一総裁は21日、新潟市で「事態の処理を遅らせたとすれば人災という面が非常にある」と批判。同日夕、大島理森副総裁、石原伸晃幹事長らと党本部で協議し、週明けから原発事故の政府対応を国会で徹底追及する方針を決めた。
 鳩山由紀夫前首相も北海道苫小牧市で、政府の事故対応を「事実が必ずしも国民に明らかにされていない。重く受け止めなければならない」と批判した。(以上(MSN産経ニュース,2011.5.21 22:57)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110521/plc11052122580008-n1.htm

 原発への海水注入を国賊・菅直人が止めたか否かで、その事実隠蔽に菅邸ぐるみで、躍起になっている。
 果たして問題は、菅の一言だけだろうか。これまで、全ての対応は、東京電力の判断で行われてきたと菅無能内閣は、ほざき続けてきた。しかし、今回の嘘により、国賊・菅直人が、指示命令をかき回していた可能性が出てきた。適当なことを言って、全て東電に責任転嫁してきた可能性があるのだ。また、原子力委員会の斑目も「臨界の危険性がある」とは言っていないと公表している。果たして真実は、どうなのだろうか。この問題は、少なくとも、今回の原発菅災において、事態をより深刻にしたか否かの判断に繋がるもので、看過できる問題ではない。また、細野が、過去に出した政府資料を訂正までして、真実を隠そうとしていることも看過できない。なぜ、今になって政府資料を訂正しなければならないのか、また、訂正しなければならないような政府資料を出したのか、訂正すればしたで、これまでの政府発表が『大本営発表』だったことを認めることになるのではないだろうか。さらに、海水注入についても、細野が知ったのが10日前とほざいているが、これが事実なら細野の職務怠慢も看過できる問題ではない。
 事実関係が明らかにならない内に、G8に国賊・菅直人を行かせて、嘘八百を並び立てられたら、日本の世界に対する信頼は地に墜ちる。国会は、この内容の事実関係を最優先で明らかにすべきだ。それには、当のご本人である国賊・菅直人の証人喚問は必須だ。とても、G8などに出席している暇はない。日本の国益を守るためにも、誰が嘘を吐いているか、明確にするのが国会の仕事だ。与党も野党もない、日本の国益を守るのだ。(No.2938)

|

« 嘘を吐くことを政治という民主 | トップページ | 妥協点見つけ訂正する政府 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51735633

この記事へのトラックバック一覧です: 原発を政治主導で破壊する:

« 嘘を吐くことを政治という民主 | トップページ | 妥協点見つけ訂正する政府 »