« 根拠ない放言ばかり流す菅 | トップページ | 賠償は全部税金と電気代 »

政権を守るがための老婆心

「老婆心ながら守秘義務」と官邸、小佐古教授に
 東京電力福島第一原子力発電所の事故対策を巡り、4月30日に内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘(こさことしそう)・東京大学教授が2日夕に予定していた報道関係者向け説明会が中止された。
 民主党の空本誠喜・衆院議員によると、小佐古教授が官邸から守秘義務の指摘を受けたことが、中止の理由だという。
 小佐古教授は、政府の事故対応に納得できないとして、29日に辞任の意向を表明した。空本氏によると、小佐古教授は2日夕、小学校の校庭利用などについて文部科学省が説明した放射線被曝(ひばく)限度の問題点について詳細な説明を行う予定だった。
 ところが1日、小佐古教授から空本氏に、「(官邸関係者から)老婆心ながら、守秘義務があると言われた」として、説明会には出席できないと電話で伝えてきたという。
 文科省は校庭利用の放射線被曝限度を年間20ミリ・シーベルトとしている。空本氏は「小佐古教授は、子供の被曝量はせいぜい年間5ミリ・シーベルトにとどめるべきだという考え。きちんと説明する場がなくなったのは残念だ」と話している。(以上(2011年5月2日23時14分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110502-OYT1T01026.htm

 菅邸の圧力によって、内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘東京大学教授の記者会見が潰された。
 その理由として、誰とは言われていないが、守秘義務違反になるから止めろと言った奴が官邸内に存在する。守秘義務という位だから、官邸内に国民には知られたら困る原発菅災の情報があるということだ。3日朝日新聞朝刊にも、政府が存在を知らないとされる放射能拡散予測データ5000件が公表されていないことが明らかになった。また、2日のTVタックルでは、青山繁晴氏が福島第一原発の映像を公開したことに対して、何の権限もない副大臣から、どういう立場で行ったのかと恫喝されたということも放映された。
 これは、菅無能政権が、政権維持のために露骨な情報統制を始めたと言うべきだろう。日本の将来を担う子供まで犠牲にしても、国賊・菅直人は総理の座にしがみついていたいのだ。誰がどうなろうともそんなことより、自分の保身の方が大切だという国賊・菅直人を選んだ民主党という良識の欠片もない詐欺政党は、党利党略の方を優先している。
 露骨な言論統制を行う菅無能政権は、既にファシズムと同じだ。反政府運動も負ければテロ、勝てば革命だ。日本の国難をなんとかしようという政治屋は、民主党にも自民党にもいない。いるのは、損得勘定で動く政治屋だけだ。今日は、憲法記念日だが、国賊・菅直人が、憲法を自分の都合の良いように改変する前に、国民は声を上げなければならない。それとも、アメリカに頼んで菅邸に特殊部隊を突入させて、ビン・ラディンのように他国に国賊・菅直人の首を取って貰うしかないのだろうか。(No.2920)

|

« 根拠ない放言ばかり流す菅 | トップページ | 賠償は全部税金と電気代 »

健康」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51564401

この記事へのトラックバック一覧です: 政権を守るがための老婆心:

« 根拠ない放言ばかり流す菅 | トップページ | 賠償は全部税金と電気代 »