« 秋葉色消えてすっきり広島市 | トップページ | 楽天で容易に買える防護服 »

今さらと思うが科学者の良心

原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」
  東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。
   「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。
大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める
「私たちは事故の推移を固唾を飲んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、事故を終息させる見通しが得られていない」「膨大な放射性物質は圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」 「特に懸念されることは溶融炉心が圧力容器を溶かし、格納容器に移り、大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」
   提言は、水素爆発などで格納容器が破壊され、放射性物質が長期にわたり国土を汚染する可能性を指摘している。日本を代表する学者たちが、チェルノブイリ原発事故級の最悪の事態を想定していることがわかる。
   16人は東京大学名誉教授、京都大学名誉教授、東京工業大学名誉教授など錚々たるメンバーで、原子力安全委員会や原子力委員会の歴代委員長や委員を務めるなどした日本を代表する原子力の専門家たちだけに、発言には重みがある。
   特に気になるのは、「当面なすべきことは原子炉及び使用済み核燃料プール内の燃料の冷却を安定させ、大量の放射能を閉じ込めること。これを達成することは極めて困難であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない」と述べた点で、有効な解決策を見いだすのが難しいことを自ら認めているとも受け取れる発言だ。
   2011年4月1日、会見した田中俊一氏は「原子力の平和利用を進めて、まさかこういう事態、これほど国民に迷惑をかけるような事態は予測していなかった。結果的にこういうことになっていることについて、原子力を進めてきた人間として、国民に謝らなくてはならないという気持ちは、みんな持っていると思う」と心境を明かした。
   田中氏は提言をまとめた理由について「(我々は)余計なことを言わなくてもいい年齢だけれども、黙っていられないと。とにかく早くこの状況を抜け出して頂きたいという思いでまとめた」と述べた。学会で地位も名誉もある学者たちが、自分たちのこれまでの仕事を全否定するような今回の提言や会見が、事故の深刻さを物語っている。
原子力安全委員会では、歴代OB、現役首脳も自己批判
   提言は、最後に事態打開策について「当面の難局を乗り切るためには、関係省庁に加え、産業界、大学等を結集し、我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取り組みが必須である」と指摘する。
   提言に加わっていない原子力安全委員会前委員長の鈴木篤之氏(日本原子力研究開発機構理事長)も4月6日、衆議院経済産業委員会に招致され、「国民にたいへん申し訳ない。私にとって痛恨の極みだ。この事故を反省し、よく考えていかないといけない」などと反省の弁を述べている。
   原子力安全委員会では、歴代OBに限らず、現役首脳も自己批判に追い込まれている。斑目春樹委員長は、やはり6日の衆議院経済産業委員会で、「今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」などと弁明に懸命だった。(以上(J-CASTニュース2011/4/16 13:17)より引用)
http://www.j-cast.com/2011/04/16093099.html?p=all

 原子力を推進してきた元原子力の寄生虫どもが、懺悔を始めた。
 アインシュタインでさえ後生、原爆を作ったことを反省している。しかし、単に懺悔するだけで済まされる問題だろうか。少なくとも、原子力行政を推進する立場である間に当該地位で得た全収入を返上する位のことはして欲しいものだ。反省だけなら、猿だってできるのだ。自分たちの行動に反省するのであれば、今回の原子力人災の国民負担を少なくするためにも、そうするべきだ。それだけで済ませる訳にはいかないだろう。これまでの委員会等の議事録を解析して、誰がどのようないい加減な判断に荷担したかまで調査した上で、刑事罰を問うべきだ。
 まだ、このような懺悔をする者には、科学者としての良心が残っているとも言える。それが見られないのは、人災直後にあちらこちらのメディアに出て、嘘八百を並べて、事故を軽視できるが如く、コメントを並べた東京大学を筆頭とする現役の教授どもだ。人災が酷くなって以来、メディアにも顔を出さなくなった。科学者としての良心さえ持ち得ていないこいつらは、全員懲戒免職にするべきだ。そして、東京大学を含む原子力関係の研究所を再編成するのだ。こいつらに干された良心のある講師・助教を抜擢すれば良いし、東大という枠を外して、原子力は怖いと認識している研究者を集めて、今ある原発をどうすればよいか研究させるのだ。そうした上で、懲戒免職にした教授どもの刑事罰を問うのだ。
 これまでの行政に足りないことは、責任をうやむやにする体質だ。信賞必罰こそ緊張感を持って、世のため人のために働く原動力ではないだろうか。(No.2903-4)

|

« 秋葉色消えてすっきり広島市 | トップページ | 楽天で容易に買える防護服 »

「学問・資格」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51404349

この記事へのトラックバック一覧です: 今さらと思うが科学者の良心:

« 秋葉色消えてすっきり広島市 | トップページ | 楽天で容易に買える防護服 »