« 菅おろし鳩が出てくる筋はなし | トップページ | 今度こそ止めとなるかブーメラン »

真実が原発菅災を語る

ベント実施の判断遅れを強調 細野首相補佐官が東電の対応を批判
   東京電力福島第1原子力発電所の事故をめぐり、政府と東京電力とでつくる「統合対策本部」が2011年4月25日夕方、東京・内幸町の東京電力本社で記者会見を開いた。これまでは、東京電力、経済産業省原子力安全・保安院、文部科学省などが別々に会見を開いてきたが、対策本部として一本化された会見を開くのは初めて。
   会見では、放射性物質の拡散予測システム「SPEEDI (スピーディ))の計算結果を毎日正午に発表することが発表され、対策本部の事務局長を務める細野豪志首相補佐官は、
「3月に利用できなかったことは申し訳なかった。運用する省庁の調整に手間取った」
と陳謝した。
ベントが行われず朝方命令に切り替える
  細野氏は、津波に対する備えについて「全然充分ではなかった」と反省の弁を述べる一方、1号機のベントの遅れが指摘されていることについて、東電の担当者を前に、
「判断するということがやりにくい会社」
などと東電批判の言葉を何度も口にした。
   細野氏は、「(3月11日から12日の)初期の対応について、どういう問題点があったと思うか」と問われ、
「津波に対する評価が十分であったかと言われれば、全く十分ではなかったと思う。電源喪失に対する備えも、十分ではなかった」
と、備えが十分ではなかったことを認めた上で、
「ベントをどのようにやっていくのかということについて、率直に言って、様々な政府と東京電力とのやり取りの中で、十分なコミュニケーションが取れなかったということも、現場にいて感じている」
と、ベントを実行するまでのスピード感のなさに対して不満を口にした。
   さらに、「ベントの実施が、なぜ遅れたのか」と問い詰められると、
「『ベントすべし』という判断は、実質的には11日の深夜、遅くとも12日の海江田大臣と東京電力の副社長が会見をした時点で、政府としては、『東京電力は腹を決めてベントをやるつもりだ』という共通認識に立っていた。ただ、なかなかベントが行われないということで、朝方、6時50分に命令に切り替えた。従って、11日夜から12日朝にかけて『ベントをすべし』という判断は、政府としては一貫して変わらなかった」
と、東電の判断が遅れたことを強調。判断が遅れた理由については、
「東京電力からの説明が国会などで様々にされているが、技術的な問題とか、(放射)線量が上がったとか、そういう報告がなされている。その東京電力の言い分を、我々は官邸から見ていた」
と、「言い分」という言葉を使って突き放した。
「結果的にあの時間になった」と釈明
   細野氏は東電の対応の遅さに相当業を煮やしていた様子で、
「一言だけ申し上げると、ここは東京電力なので、若干申し上げにくいが、東京電力という会社自体は、非常に電力を供給するというルーティーンワークに非常に慣れた会社であって、何か大きな判断をするということが、若干やりにくい社風だったのかなぁ、といったことは感じていた」
と、具体的な東電批判すら口にした。
   一連の批判に対して、細野氏の隣に座っていた、松本純一・原子力・立地本部長代理は、
「なにぶん、電源がないという状況。真っ暗な状況で現場の弁を探して、結果的にあの時間になった」
と釈明するのが精一杯だった。(以上(J-CAST2011/4/25 21:09)より引用)
http://www.j-cast.com/2011/04/25094135.html?p=all

 無能菅政権の原発担当の細野豪志が、震災当日から翌日にかけての東京電力との遣り取りを明らかにした。
 細野豪志は、原発事故が、国賊・菅直人が震災翌日福島第一原発まで邪魔をして、水素爆発に至らしめたのではないと、責任を東京電力の判断力の無さに転嫁するように、国賊・菅直人から言い含められていたのだろう。しかし、細野の責任転嫁は、原発事故が国賊・菅直人によって引き起こされたことを如実に示している。
 その理由として、細野が「(12日)6時50分に命令に切り替えた」とベントを行わない東京電力に対して、命令を下している点だ。と言うことは、6時50分以降は、東電の意志に関係なく、菅邸の命令によって、東京電力はベントするしか選択肢がなかったことを意味している。しかし、実際に東京電力がベントの作業に入ったのは、国賊・菅直人が原発視察を終えてから行ったことは、既に報道なされている通りだ。と言うことは、国賊・菅直人が原発に行って邪魔したことで、ベントのタイミングが遅くなったことがより明らかになったと言える。国賊・菅直人さえ行かなければ、と言うより、命令を受けた東京電力が、国賊・菅直人に遠慮してベントを遅らせたのが問題かも知れない。命令を受けた東京電力が、国賊・菅直人に遠慮せずに、菅と斑目の頭の上から放射性物質をぶちまけてやれば良かっただけだ。もし、東京電力の対応が悪いのであれば、誰がどのような判断をしたかまで、明らかにする必要があるだろう。単に、東電の社風の問題でことを収束させてはならない。
 この事実を東京電力が、言い訳せずに黙って聞いているのは、賠償金の負担を国に求めたいと言う意志の表れだと感じる。(No.2914)

|

« 菅おろし鳩が出てくる筋はなし | トップページ | 今度こそ止めとなるかブーメラン »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51501046

この記事へのトラックバック一覧です: 真実が原発菅災を語る:

« 菅おろし鳩が出てくる筋はなし | トップページ | 今度こそ止めとなるかブーメラン »