« 官邸は政府の呈もなしてない | トップページ | 精神鑑定をしたい菅直人 »

遅すぎる少なすぎるは補正案

震災復興へ財政支出3兆円超 政府、1次補正原案判明
 政府が東日本大震災復旧・復興のため編成する2011年度1次補正予算の原案が5日、判明した。財政支出の規模は3兆円超とし、11年度の基礎年金国庫負担割合の2分の1維持に向け確保した2兆5千億円の「埋蔵金」を財源に充てる。子ども手当や高速道路無料化など民主党マニフェスト(政権公約)の主要政策も見直して財源に活用、厳しい財政状況を踏まえ国債の追加発行はしない。
 ただ、大震災復興のためとはいえ、マニフェスト主要政策の見直しについては政府、与党内に異論も強い。将来の財源と見込む税制抜本改革の成否も見通せておらず、調整難航は必至だ。
 政府、民主党は早急に与野党協議を開始し、今月中旬までに内容を固め、大型連休前の国会提出を目指す。6月にも想定する2次補正では国債の追加発行が避けられないとみて、野党側と公債発行特例法案の修正協議も進め、成立にめどを付けたい考えだ。
 1次補正の使途は、大規模な震災被害を踏まえ、仮設住宅建設やがれきの撤去が中心。道路や港湾、下水道などのインフラに加え、学校や社会福祉施設の整備も急ぐ。
 財源に関しては、子ども手当などに加え、高速道路の「休日上限千円」割引も見直し。「埋蔵金」の独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄建機構)の利益剰余金などの活用に伴い、基礎年金の国庫負担割合は3分の1となるが、税制抜本改革で確保する財源を事後的に充て、保険料や年金額への影響を回避するとしている。(以上(2011/04/06 02:02【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040501001107.html

 菅無能政権から、第一次補正予算案の骨子が明らかにされた。
 この期に及んで、くだらないことに拘って、被災地に対して糞にもならない財務省主導の予算案しか組めない菅無能政権は、存在そのものが悪だ。復興予算なら、国債を増やさず、財務省が10兆円札なり20兆円札を印刷して日銀に渡して、日本銀行券に替えれば済む話だ。そこまで、逼迫した危機意識の欠如した民主党政権成立に、一票を投じたことを深く反省している。
 私も書いているが、ブログを見ると、この国難を乗り越えるためには、無能・菅直人を官邸から追い出すことが不可欠だ。しかし、そのようなことは『菅の耳に真実』だろう。今、国民に何ができるか。それは、統一地方選挙で、民主党候補及び隠れ民主候補を誰一人として政界に送り出さないことしか、実際に自分の意志と手でできることはないと考える。例え、統一地方選挙で、民主党候補が誰一人当選しなくても、無能・菅直人が自分から辞めるなど考えられない。もしも、民主党議員に良心というものが少しでも残っているならば、日本の恥部・菅直人を引きずり下ろしてくれるのではないかという甘い期待だけなのだが・・・・・・
 国民に今できること、それは、まず、地方から民主党を駆逐することだけだろう。(No.2894)

|

« 官邸は政府の呈もなしてない | トップページ | 精神鑑定をしたい菅直人 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51319317

この記事へのトラックバック一覧です: 遅すぎる少なすぎるは補正案:

« 官邸は政府の呈もなしてない | トップページ | 精神鑑定をしたい菅直人 »