« マニフェスト守れば増税など要らぬ | トップページ | ナルシスト保身のための助言無視 »

官邸の隠蔽示す文科省

「官邸の指示で出さなかった」 警戒区域4カ所で毎時100マイクロシーベルト超
 文部科学省は21日、福島第1原発から1~21キロ離れた150地点で先月末以降に測定した1時間当たりの放射線量を初めて公表した。20キロ圏内の住民の立ち入りを禁じる「警戒区域」のほぼ範囲内。毎時100マイクロシーベルトを超えたのは、原発から2~3キロ地点の福島県大熊町の4カ所だった。公表が大幅に遅れた理由について、文科省は「官邸の指示で出さなかった」とした。
 最も高かったのは原発の西北西約2キロの大熊町夫沢で4月2日に観測した毎時124マイクロシーベルト。経済産業省原子力安全・保安院は、20キロ圏内の住民の一時帰宅について、毎時200マイクロシーベルトを目安としたが、今回の測定結果でこれを超えた場所はなかった。
 測定は、3月30日~4月2日と4月18~19日の2回に分け、文科省と東京電力などが実施。文科省は、20キロ圏内の測定は保安院や東電が担当すると説明していた。(以上(MSN産経ニュース.2011.4.21 16:39)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110421/dst11042116400028-n1.htm

 文科省より、原発20キロ圏内の放射線量の公表が遅れたことは、菅邸の指示によるものであることが公表された。
 これで、国賊・菅直人を筆頭とする菅邸の情報隠蔽が、明らかになった。それも、国賊・菅直人が、言った言わないとほざいていた「20キロ圏内は人が住めない」という事件のバックグラウンドにあるものと言わざるを得ない。すなわち、4月2日時点で分かっていたことを20日近く隠蔽していたことになる。これは、簡単に見過ごすことのできない犯罪だ。
 野党は、今回の原発菅災の情報隠蔽に関して、国賊・菅直人の証人喚問を行い、全ての事実を国民の前に明らかにすべきだ。国賊・菅直人は、震災対応に忙しいとほざくだろうが、ほとんど毎日、午後8時台には公邸に引っ込んでいるので、公務に支障のない、午後9時なり10時なりから、国賊・菅直人の証人喚問を行えば問題ないし、全国に生中継して、国民に真実を知らしめるには丁度良い時間帯だ。証人喚問と言っても真実を話して貰うだけなので、本人の事前の準備も必要ないので、国会がやる気になれば直ぐにでもできるはずだ。(No.2909-3)

|

« マニフェスト守れば増税など要らぬ | トップページ | ナルシスト保身のための助言無視 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51453297

この記事へのトラックバック一覧です: 官邸の隠蔽示す文科省:

« マニフェスト守れば増税など要らぬ | トップページ | ナルシスト保身のための助言無視 »