« 官邸は政治ごっこで忙しい | トップページ | 菅直人思考回路は刹那的 »

想定のできぬ役人など要らぬ

水素爆発は想定外の事態だった…保安院認める
 東京電力福島第一原発の1、3号機で発生した水素爆発は、経済産業省原子力安全・保安院が想定していない事態だったことがわかった。
 保安院が8日夜、記者会見で明らかにした。
 水素ガスは、原子炉内の水位が低下し、核燃料棒が水から露出して高温になると発生する。
 しかし、保安院によると、圧力容器を囲む原子炉格納容器には通常、窒素を充満させており、水素と反応して爆発を引き起こす酸素はほとんど存在しない。実際には、1号機で3月12日、3号機では同14日に、格納容器のさらに外側の原子炉建屋で、水素爆発が起きた。
 保安院側は「設計上は格納容器から水素が漏れないようになっている。国の安全審査でも、漏れてしまったらどうするかという設計上の手当てはされていない」と認めた。(以上(2011年4月8日22時27分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110408-OYT1T01005.htm

 後出しで、原子力不安院が、自分達の無知無能の言い訳を並べている。
 これまでに、想定すべきことを想定する検討さえもせず、政官業の癒着によって、原子力の安全性を軽視したことが明らかになっている。これは、単に反省すれば済む話ではない。特に、原子力不安院は、安全審査をするべき立場でありながら、その職務を放棄しながら、監督する立場に鎮座していたのだから、退職者まで遡って、公務員としての不作為行為に対する行政罰と刑事罰を科すべきだ。これは、原子力不安院に限った話ではない。天下り法人を含めて、原子力行政に携わった人間全てに適用すべきだ。
 確かに、福島第一原発1号炉建設時には、プレート型地震という概念すらなかった時代だ。しかし、新しい科学的知見が出た段階で、それに対応することを怠った責任は、きっちり刑事裁判で明らかにするべき内容だ。今回の震災の規模は、この地球上では起こったと言う既成事実の範囲内だ。「想定外」と言う言い訳は、想定することも拒んだお役人と清水正孝の言い逃れに過ぎない。
 西山英彦など、記者会見をさせても大したことは話せないのだから、放し飼いにせず、今すぐ、身柄を拘束して、審議官としての罪状を明らかにすべきだ。(No.2897-2)

|

« 官邸は政治ごっこで忙しい | トップページ | 菅直人思考回路は刹那的 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51350481

この記事へのトラックバック一覧です: 想定のできぬ役人など要らぬ:

« 官邸は政治ごっこで忙しい | トップページ | 菅直人思考回路は刹那的 »