« 東電が五割カットで茶を濁す | トップページ | 東電のミスを電気に転嫁する »

バカ殿と討ち死にするか民主党

厳しい審判、首相退陣すべき…執行部批判強まる
 民主党では、統一地方選の後半戦も振るわなかったことで、菅首相や岡田幹事長ら執行部の責任を追及する動きが出始めた。
 首相と距離を置く松野頼久元官房副長官は25日午前、熊本市で記者会見し、「敗北したら、選挙の責任者がけじめをつけるのは当然だ」と述べ、熊本県連代表職を辞任する考えを表明した。党全体の責任者である首相や岡田氏に圧力をかける狙いがあるとみられる。
 執行部の責任を追及するための両院議員総会の署名集めを進める川内博史衆院議員は25日午前、「菅政権の東日本大震災への対応に厳しい審判が下された。首相が居座り続ければ、復旧、復興が遅れる。首相は退陣すべきだ」と語った。
 首相は25日午前の参院決算委員会で、「選挙の厳しい結果は真摯に受け止めなければならない。ただ、大震災に対する対応はしっかりやっている。震災の復旧、復興、(東京電力福島第一)原子力発電所の事故を何としても抑えていくことに全力をあげて取り組んでいきたい」と述べ、政権運営への意欲を強調した。枝野官房長官も25日午前の記者会見で、「菅内閣がこうした状況で内閣を預かっている以上、復興、復旧に向けて最大限努力するのが私どもの役割だ」と語った。(以上(2011年4月25日11時57分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2011/news1/20110425-OYT1T00555.htm

 統一地方選挙後半戦も、民主党の惨敗に終わったが、民主党のバカ殿・菅直人は、自分が何をしなかったかも理解していないようだ。
 今回の震災によって、総選挙ができない状態であることを良しとして、国賊・菅直人は、早々に総理居座りを決めたようだ。選挙結果をまともな神経で真摯に受け止めたとすれば、どのような行動をすべきか分かるはずだ。震災対応にしても、「しっかりやっている」と国民が認めるならば、このような民主党惨敗はあり得ない話だ。枝野にしても、「内閣を預かっている」とほざいたが、菅無能政権に内閣を預けたのは、民主党のお家事情だけで、国民の総意ではない。先の参議院選挙の結果で既に、国民は菅無能政権と岡田克也民主党にノーを突き付けているのだ。それすら、分からない輩が、菅邸・永田町に屯している現在の状況は、これ以上ない国難だ。(No.2912-2)

|

« 東電が五割カットで茶を濁す | トップページ | 東電のミスを電気に転嫁する »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51490556

この記事へのトラックバック一覧です: バカ殿と討ち死にするか民主党:

« 東電が五割カットで茶を濁す | トップページ | 東電のミスを電気に転嫁する »