« 菅直人思考回路は刹那的 | トップページ | 民主党責任転嫁だけ得意 »

配慮さえしない総理の感謝文

日本政府が韓国紙に感謝の「絆」広告 末尾に菅首相の署名
 【ソウル=加藤達也】11日付の韓国紙朝鮮日報は、東日本大震災に対する支援を感謝する日本政府の広告を掲載した。広告は、漢字で「絆(きずな)」、英文で「絆に感謝します」と題し、縦29センチ横18・5センチで1ページの約3分の1の大きさ。末尾に菅直人首相の署名がある。
 地震や津波被害への支援に対し、「われわれは、全世界の皆さまが与えてくださった絆に、深く感謝しております。支援をしてくださったすべての国と地域、そして皆さまに、心から感謝の言葉を申し上げます」と表明。復旧状況にも言及し、福島第1原発については「全力を挙げて安定化努力を継続しています」と述べている。(以上(MSN産経ニュース,2011.4.11 09:23)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110411/dst11041109250010-n1.htm

 東日本大震災から1ヶ月の節目に、無能・菅直人は、世界各国の新聞に感謝文を掲載した。
 しかし、韓国の朝鮮日報では、題の「絆」は分かるが、なぜ、感謝文を英語で掲載しなければならないのか、理解に苦しむ。韓国で掲載するのであれば、普通の感覚ならハングルで掲載するのが常識だろう。それでこそ、より多くの韓国の方に、理解して貰える方法ではないだろうか。どうせ、文案も無能・菅直人が作った訳でもなく、お気に入りの取り巻きが作文した物だろう。そして、官僚を怒鳴り散らした弊害で、外務省にハングル訳も頼めなかったというのが、実態だろう。
 実態を示した感謝文なら、題は「パボ(ハングルでバカ)」、文頭は、「チョヌン パーボ インミダ(ハングルで私はバカです)」が合っていたように、私は感じる。原発人災も、「私の政権を維持するために、全力を挙げて安定化を遅らせています。」と本音を書いた方が良かっただろう。
 日本人は、あやふやな表現に慣れているが、果たして、嘘八百並べた感謝文で、諸外国を納得させることができるだろうか。無能・菅直人は、外交音痴に輪を掛けて外務省官僚を使えないという、どうしようもない醜態をこの感謝文で表現したようだ。(No.2898-2)

|

« 菅直人思考回路は刹那的 | トップページ | 民主党責任転嫁だけ得意 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

韓国語表示

パボイッスンミダ ⇒ パーボ インミダ

投稿: ファン | 2011年4月12日 (火) 09時01分

 ファン様
 ご指摘ありがとうございました。本文を訂正しました。

投稿: 獏眠 | 2011年4月12日 (火) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51359642

この記事へのトラックバック一覧です: 配慮さえしない総理の感謝文:

« 菅直人思考回路は刹那的 | トップページ | 民主党責任転嫁だけ得意 »