« 国難にバカが総理でいる不幸 | トップページ | 官邸が大本営となる日本 »

責任者天下りして他人事

原発の全電源喪失、米は30年前に想定 安全規制に活用
 東京電力福島第一原子力発電所と同型の原子炉について、米研究機関が1981~82年、全ての電源が失われた場合のシミュレーションを実施、報告書を米原子力規制委員会(NRC)に提出していたことがわかった。計算で得られた燃料の露出、水素の発生、燃料の溶融などのシナリオは今回の事故の経過とよく似ている。NRCはこれを安全規制に活用したが、日本は送電線などが早期に復旧するなどとして想定しなかった。
 このシミュレーションは、ブラウンズフェリー原発1号機をモデルに、米オークリッジ国立研究所が実施した。出力約110万キロワットで、福島第一原発1~5号機と同じ米ゼネラル・エレクトリック(GE)の沸騰水型「マークI」炉だ。
 今回の福島第一原発と同様、「外部からの交流電源と非常用ディーゼル発電機が喪失し、非常用バッテリーが作動する」ことを前提とし、バッテリーの持ち時間、緊急時の冷却系統の稼働状況などいくつかの場合に分けて計算した。
 バッテリーが4時間使用可能な場合は、停電開始後5時間で「燃料が露出」、5時間半後に「燃料は485度に達し、水素も発生」、6時間後に「燃料の溶融(メルトダウン)開始」、7時間後に「圧力容器下部が損傷」、8時間半後に「格納容器損傷」という結果が出た。
 6時間使用可能とした同研究所の別の計算では、8時間後に「燃料が露出」、10時間後に「メルトダウン開始」、13時間半後に「格納容器損傷」だった。
 一方、福島第一では、地震発生時に外部電源からの電力供給が失われ、非常用のディーゼル発電機に切り替わったが、津波により約1時間後に発電機が止まり、電源は非常用の直流バッテリーだけに。この時点からシミュレーションの条件とほぼ同じ状態になった。 バッテリーは8時間使用可能で、シミュレーションと違いはあるが、起きた事象の順序はほぼ同じ。また、計算を当てはめれば、福島第一原発の格納容器はすでに健全性を失っている可能性がある。
 GEの関連会社で沸騰水型の維持管理に長年携わってきた原子力コンサルタントの佐藤暁さんは「このシミュレーションは現時点でも十分に有効だ。ただ電力会社でこうした過去の知見が受け継がれているかどうかはわからない」と話す。
 一方、日本では全電源が失われる想定自体、軽視されてきた。
 原子力安全委員会は90年、原発の安全設計審査指針を決定した際、「長期間にわたる全交流動力電源喪失は、送電線の復旧又(また)は非常用交流電源設備の修復が期待できるので考慮する必要はない」とする考え方を示した。だが現実には、送電線も非常用のディーゼル発電機も地震や津波で使えなくなった。
 原子力安全研究協会の松浦祥次郎理事長(元原子力安全委員長)は「何もかもがダメになるといった状況は考えなくてもいいという暗黙の了解があった。隕石(いんせき)の直撃など、何でもかんでも対応できるかと言ったら、それは無理だ」と話す。(松尾一郎、小宮山亮磨)(以上(朝日新聞2011年3月31日16時39分)より引用)
http://www.asahi.com./international/update/0330/TKY201103300512.html

 人災である福島第一原発事故を予測した30年前のアメリカのデータを日本の無能有識者と称する連中が、無視したことが明らかになった。
 最後に、元原子力安全委員長で、現在、原子力安全研究協会という原子力に取り憑いた天下り法人理事長の松浦祥次郎が、「何でもかんでも対応できるかと言ったら、それは無理だ」と元責任者でありながら、自分の不作為行為を是認する発言を行った。このような輩が、今までの原子力神話を壊したと言っても過言ではない。安全を守る立場でありながら、自分がその任にある時を無事に過ごせば、それで良いというとんでもない奴を原子力安全委員長などに据えたものだ。そして、自分の無作為を棚に上げて、自分のやったことを正当化することをよくもまあほざけるものだと、お役所の無責任体質に呆れるばかりだ。
 国の財政も、東京電力の尻ぬぐいも含めて大変な額の支出になることは確かだ。少しでも財源を確保するために、原子力に取り憑いた天下り法人を全て廃止し、松浦祥次郎のように要職にありながら、不作為行為を行った輩については、刑事訴追を行い殺人未遂で告訴し、元公務員については、それまで天下り法人から受け取った報酬全額を国庫没収し、その財源の一部に当てるべきだ。そうすれば、財源確保と天下り法人の一掃という一石二鳥の効果がある。
 ハンカチ落としのような責任のたらい回しは止めて、誰が今回の人災に関わる判断に関与したか明らかにし、その責任をまとめて取って貰うべきだ。当然、ベントを遅らせた無能・菅直人には、官職・議員剥奪の上、全財産没収にしても足らないだろう。(No.2888)

|

« 国難にバカが総理でいる不幸 | トップページ | 官邸が大本営となる日本 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51264691

この記事へのトラックバック一覧です: 責任者天下りして他人事:

« 国難にバカが総理でいる不幸 | トップページ | 官邸が大本営となる日本 »