« 何もかも閣内一致せぬ政治 | トップページ | 責任は菅の私財で取ってくれ »

官邸の無茶を参与が曝露する

小佐古参与が抗議の辞意 子供の被曝基準「容認できぬ」
 内閣官房参与の小佐古敏荘(こさこ・としそう)・東大大学院教授(61)が29日、東京・永田町で記者会見を開き、参与を辞任する意向を表明した。小佐古氏は菅政権の福島第一原発事故対応について「法律や指針を軽視し、その場限りだ」と批判した。
 小佐古氏は会見に先立って首相官邸を訪ね、今月30日付の辞表を提出した。
 会見では特に、小学校などの校庭利用で文部科学省が採用した放射線の年間被曝(ひばく)量20ミリシーベルトという屋外活動制限基準を強く批判。「とんでもなく高い数値であり、容認したら私の学者生命は終わり。自分の子どもをそんな目に遭わせるのは絶対に嫌だ」と訴えた。「通常の放射線防護基準に近い年間1ミリシーベルトで運用すべきだ」とも述べた。
 また、緊急時迅速放射能影響予測システム(SPEEDI)による放射性物質の拡散予測が4月下旬までに2回しか公表されなかったことも批判。「今のやり方は、東京で数字をぼっと決めてやっている」と指摘し、政権の対応について「私がやってきたことからは外れているので、これ以上とどまっている理由はあまりない」と語った。
 小佐古氏は放射線安全学などが専門で、東日本大震災発生後の3月16日、原発事故の助言を政権に求められて参与に就任した。菅直人首相は小佐古氏ら計6人の原子力専門家らを次々に内閣官房参与に任命した。(以上(朝日新聞2011年4月29日22時48分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0429/TKY201104290314.html

 国賊・菅直人のイエスマンと思われた内閣参与の辞任が明らかになった。
 この記事からも分かるように、菅無能政権は官邸内で科学的根拠もなく、つじつま合わせの数字選びにご執心だったことが明らかになった。特に、子供の被曝については、慎重すぎても過ぎることはないはずだが、年間被曝量20ミリシーベルトが子供にとって安全だという根拠など無いままに、数字だけひとり歩きしていた状況が明らかになった。国賊・菅直人が、原子力専門屋を内閣参与として官邸に引き込んだのは、単なる官邸のデコレーションに過ぎなかったのだ。
 内閣参与にまで、その場限りと見切りを付けられた菅無能政権の政策に何の科学的根拠もないことが明らかになった以上、このまま、国賊・菅直人に日本の政権を握らせておくことは、日本の破滅への道でしかない。5月2日に第一次補正予算案が可決されたら、即内閣総辞職を行い、連休中に新しい政権を樹立する以外、日本を救う道はない。いくら、国賊・菅直人が反省しようが、過ぎた時間は取り戻すことはできない。(No.2917)

|

« 何もかも閣内一致せぬ政治 | トップページ | 責任は菅の私財で取ってくれ »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

日本人には意思がない。
だから、意思決定ができない。
神の意思による災害は天災、人の意思によるものは人災。
意思という概念がなければ、天災と人災の区別も定かではない。
人の行動を納得できるものに改めることも容易ではない。

指導力は、指導者の社会意思の決定力である。
意思そのものがなければ、社会問題は解決を見ない。
問題の解決は、先送りと積み残しに終始する。
なりゆき任せになる。
「そのうち、何とかなるだろう」ということになる。

未来の内容が定かに考えられないと、想定外のことばかりが起こる。
目の前に事態が現われてからでは、その対策は後手後手に回る。
未来のことは、未来時制の構文の中で述べられる。
日本語には、時制がなく、未来時制もない。
だから、その計画も行き当たりばったりになる。

日本人は、拙速主義である。場当たり的なトントン葺きの家づくりが得意である。
大ブタさんのわらの家をつくる。
災害に強い小ブタさんの煉瓦の家は作らない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


投稿: noga | 2011年4月30日 (土) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51531416

この記事へのトラックバック一覧です: 官邸の無茶を参与が曝露する:

« 何もかも閣内一致せぬ政治 | トップページ | 責任は菅の私財で取ってくれ »