« 遅すぎる少なすぎるは補正案 | トップページ | 茶番劇まだまだ続く民主党 »

精神鑑定をしたい菅直人

首相「役人使えるのは一に亀井さん、二に私」
 国民新党の亀井代表は6日の記者会見で、菅首相と2日に会談した際、首相が「役人をきちんと使えるのは一に亀井さん、二に私、三に仙谷(由人官房副長官)かな」と語っていたことを明らかにした。
 首相は「官僚への不信感が強い」との評が専らだけに、「自分が2位とは、うぬぼれすぎでは」とやゆする声もある。(以上(2011年4月7日01時46分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110406-OYT1T01200.htm

 無能・菅直人の虚言癖が出たというか、身の程を知らない発言とも言うべきことが、漏れ伝わってきた。
 しかし、この無能・菅直人の発言は、本人の性格で済まされる放言だろうか。それよりも、私が気になるのは、無能・菅直人が精神的に病んでいないかと言う点だ。刑事裁判で、責任能力の有無を調べるために、精神鑑定という手法が取られているのは周知の事実だ。国民が総理の責任能力の有無を調べるために、総理の精神鑑定という手段が強制的に取れる法制度の制定が必要な気がする。当然、精神鑑定の期間は、官房長官が総理代行を勤めるということも必要だ。
 無能・菅直人の発言をトレースするととても「うぬぼれ」で済ますことのできない発言が相次いでいる。日本の国益のためにも、無能・菅直人の精神鑑定を望みたい。(No.2895)

|

« 遅すぎる少なすぎるは補正案 | トップページ | 茶番劇まだまだ続く民主党 »

川柳」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51327119

この記事へのトラックバック一覧です: 精神鑑定をしたい菅直人:

« 遅すぎる少なすぎるは補正案 | トップページ | 茶番劇まだまだ続く民主党 »