« 震災をネタに教授の自慰行為 | トップページ | この期でも姑息な総理許せない »

尖閣の教訓生かせない政府

東日本大震災:福島第1原発事故 米軍無人機の映像、日本政府が公開に慎重
 日本政府が、米空軍無人偵察機「グローバルホーク」が撮影した福島第1原発上空の映像の提供を受けながら、公開に慎重姿勢を見せていることが関係者の証言で分かった。米軍側は「あくまで日本側の判断」とし、提供した映像の公開を承認している。
 無人機が搭載する高性能のカメラは「車のナンバーが読み取れるほど鮮明」(米空軍)で、映像は原発施設の内部状況をほぼリアルタイムでとらえており、専門家の分析にも役立つ可能性が高いという。
 米空軍は日本政府からの要請を受け、グアムのアンダーセン空軍基地に配備されている最新鋭のグローバルホーク(翼幅約40メートル、全長15メートル)を震災の翌12日から、被災地周辺に飛行させている。多量の放射性物質が検知されている福島第1原発上空では自衛隊機の飛行が困難なため、グローバルホークが24時間態勢で撮影。衛星通信を介して映像を米カリフォルニア州の米空軍基地に送信し、日本政府側にも提供している。
 だが日本側は、映像を保有したまま公開していない。同米空軍基地では、米国の原発専門家らが映像を詳細に分析しているという。【大治朋子】(以上(毎日新聞2011年3月19日東京朝刊)より引用)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110319ddm012040016000c.html

 日本政府は、アメリカの無人偵察機の映像の提供を受けながら、国民に対して一切の情報開示をしていない。
 いくら落ち着いて行動せよと会見で言っても、何か重大な事を隠しているのではないかという疑心暗鬼になるのが国民だ。この期に及んで、政府のすべき対応は、正しい情報の開示ではないだろうか。安全なら安全、避難が必要なら避難する手段を講ずるしか、今の状態から、国民を守る手段はあるまい。
 アメリカの情報を出さないと言うのは、まるで尖閣事件でビデオ映像をひた隠しにした結果が、どうであったかという教訓も今の政府には生きていないと断定せざるを得ない。まして、情報隠匿の専門家である売国奴・仙石由人を官房副長官に据えたことも、その一因と勘ぐられても仕方あるまい。決死の覚悟で、事態打開に動いている現場の人間の責任感と政府の無責任さは、まさに終戦間際の戦場と大本営と言ってもよかろう。
 今の日本を救う道は、正しい情報公開しか無い。政府は、一秒でも早くアメリカの情報を公開し、次に打つ方策を明確に示すべきだ。(No.2875-2)

|

« 震災をネタに教授の自慰行為 | トップページ | この期でも姑息な総理許せない »

健康」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51160324

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣の教訓生かせない政府:

« 震災をネタに教授の自慰行為 | トップページ | この期でも姑息な総理許せない »