« 引責は役職を脱ぐ野球拳 | トップページ | 日本中どこに行っても地震(ない)の国 »

菅直人往生際もまた悪し

菅首相、辞任の可能性を否定…外国人献金問題
 菅首相は11日午前の参院決算委員会で、自らの資金管理団体が在日韓国人系金融機関の元理事から献金を受けていたことを明らかにした。
 政治資金規正法は外国人からの寄付を禁じているが、首相は「外国人とは知らなかった」と述べ、辞任の可能性を否定した。外国人からの政治献金をめぐっては、前原誠司前外相が在日韓国人女性から献金を受け取っていたとして外相を辞任している。首相にも同様の問題が発覚したことで、野党側は首相の責任問題を追及する構えで、政権運営はさらに厳しさを増しそうだ。
 首相は決算委で、「日本名で日本国籍と思い、外国籍とは全く承知していなかった。献金は事務所に確認したところ頂いている」と述べ、献金受領を認めた。さらに「日時、金額は今、詳細に調査している。外国籍だと確認された時には全額返金したい」と述べた。
 元理事との関係については、「私が仲人をした知人から数年前に、不動産関係の仕事をしている人として紹介された。釣りに出かけたこともあり、数回会食をしたこともある」と説明した。民主党の藤谷光信氏の質問に答えた。(以上(2011年3月11日11時25分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110311-OYT1T00388.htm

 外国人からの違法献金で、前原誠司が辞任したかと思えば、今度は、無能・菅直人まで貰っていながら、「知らなかった」で済まそうとしている。
 そもそも、他人を責めるのであれば、自分はそれ以上に潔癖でなければならない。しかし、これまで、無能・菅直人が野党時代から責めてきた内容は、全て自分に降りかかってきている。歴史的評価など待たなくても、無能・菅直人とは、自制することを知らない日本憲政史上最低の総理であることが確定した。
 シーメンス事件で嫌疑を掛けられただけで総理を辞めた山本権兵衛のような、政治家は、もはや日本にはいないのだろうか?敬称略(No.2867-2)

|

« 引責は役職を脱ぐ野球拳 | トップページ | 日本中どこに行っても地震(ない)の国 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51090888

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人往生際もまた悪し:

« 引責は役職を脱ぐ野球拳 | トップページ | 日本中どこに行っても地震(ない)の国 »