« 後出しで言い訳をする不安院 | トップページ | 国のため死んで下さい菅直人 »

原発事故も不安院には他人事

東電「決死隊」1日2食の劣悪環境 一時は水も1・5リットルのみ
 東京電力福島第1原発事故の収束に向けて、放射線量の高い現場で命がけの作業を続けている同社と協力会社の社員が、1日に「非常食2食」しか摂取できないという劣悪な環境に置かれていることが28日、分かった。原子力安全・保安院の横田一磨統括原子力保安検査官が福島県災害対策本部で会見し、明らかにした。
 横田氏は作業状況などの確認のため、22~26日に福島第1原発を視察。現場では新たな水、食糧などが入手困難な状況で、一時は1日あたり1人に提供される水の量は「1・5リットル入りペットボトル1本」だったという。
 水に関しては、その後改善されたが、食事は朝、夜の1日2食で、朝食は非常用ビスケットと小さなパック入り野菜ジュース1本、夕食は「マジックライス」と呼ばれる温かい非常用ご飯1パックと、サバや鶏肉などの缶詰1つだけだという。
 マジックライスは「ワカメ」「ゴボウ」「キノコ」「ドライカレー」の4種類から選べるという。
 こうした待遇は、東電社員と協力会社社員とも一緒で、東電幹部も同じものを食べているという。
 横田氏は「協力したいが基本的には事業者(東電)の問題。大変厳しい環境で作業に必要なエネルギーを得られていないと思う」と話した。
 作業員は常時約400人。「約1週間おきに交代していると思われる」(横田氏)が、作業時以外は、原子炉建屋から数百メートル離れた「免震棟」と呼ばれる建物を拠点にしている。
 下着など衣服も不十分で「着替えも難しい」(同)ほか、免震棟内は暖房が入っているとはいえ、夜間は毛布1枚づつしか与えられず、底冷えする中で眠っているという。
 さらに、現地は基地局の倒壊などで、衛星回線を除き、固定、携帯電話ともつながらない状況。「作業員らは家族との連絡手段も断たれている」(同)。トイレの水は確保されているが、「手洗いに水が使えず、洗浄用アルコールを用いている」(同)という。
 こうした環境の中、作業員からは愚痴などが聞かれるものの、作業の拒否などには至っていないという。
 ただ、発電所内はテレビを全局見ることができ、24日に3人が被曝した事故のニュースでは、現場の放射線量の高さに衝撃を受ける作業員も多かったという。
 横田氏は自身が5日間の現地確認中に受けた放射線量は計883マイクロシーベルトだったとし、胸部レントゲン約15回分の放射線量にあたる。
 横田氏は「福島第2原発の作業員を第1に投入し、交代を促す」など、第1原発の作業員の過労や、被曝防止の対応が必要との認識を強調した。(以上(MSN産経ニュース,2011.3.28 14:39)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110328/dst11032814430035-n1.htm

 原子力不安院の横田という輩が、福島第一原発の様子を視察などと言うふざけたことをやって、会見なるものを開いたという。
 この横田一磨統括原子力保安検査官が、原発から逃げ出した7匹の検査官か否かは分からないが、こいつがほざいた内容など、現場に帰った2匹の検査官から情報発信されて当然の内容だ。偉そうに横田一磨が、現場視察・会見などというふざけたことをしなければ明らかにならない原子力不安院の体質がおかしい事を統括検査員が証明したと言っても良かろう。このような輩を血税で養う必要など無いし、東電の情報を会見で偉そうに公開して、記者の質問に全く答えられないカトチャンペ・沙悟浄など見るだけで不愉快だ。
 無能・菅直人がリーダーシップを発揮するのであれば、原子力安全保安院を解体し、原子力安全保全実務院を創設し、現原子力安全・保安院職員全員を原発のエキスパートとして、福島第一原発に送り込み、復旧の実務に当たらせるべきだ。当然、一番放射能の高い領域には、東電社員や協力会社社員では危ないので、エキスパートの保全実務院職員に直接その作業を行わせるのだ。それが、これまでいい加減な原子力行政を行い、何もなかったので、その上に胡座をかいていた奴らが率先してやることだ。溢れた放射能で汚染された水は、保全実務院職員が柄杓で掻い出せばよいのだ。身分は公務員なので、残った家族のことは国に任せて、一身を投げ出して自分達の責任を全うするべきだろう。
 誰も、横田一磨の被曝線量など気に掛けている国民はいない。原発職員は250ミリシーベルトでも大丈夫と言われているのだから、その十倍の放射線量を浴びるまで、福島第一原発の隅々まで視察するべきではなかったのだろうか。そうして、横田一磨に何も影響が現れなければ、現場ももっと安心できるだろう。横田一磨に何かあっても、日本は放射線医療では世界トップなので何も心配することはない。
 東京電力の超無能社長・清水正孝は、本社内で休んでいないで、最前線で無能東電の最後の砦として頑張っている社員に対して、できるだけの物資と交替人員を福島第一原発に送り込む位のことはできるだろう。社長は、本社内で悠々と休んでいられても、現場では毛布一枚で我慢しているのだ。清水正孝は、逃げ回っていないで、点滴をぶら下げてでも自ら原発に補給物資を運んだらどうだ。(No.2885)

|

« 後出しで言い訳をする不安院 | トップページ | 国のため死んで下さい菅直人 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51240497

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故も不安院には他人事:

« 後出しで言い訳をする不安院 | トップページ | 国のため死んで下さい菅直人 »