« 逃げ得を許す捜査が許せない | トップページ | 居直った政府支える筋はなし »

住職の申告漏れのある揮毫

金閣・銀閣寺住職、2億円申告漏れ…国税指摘
 臨済宗相国寺(しょうこくじ)派管長で金閣、銀閣両寺住職の有馬頼底(らいてい)氏(78)が、大阪国税局の税務調査を受け、2009年までの3年間に掛け軸などの揮毫(きごう)料として得た個人所得約2億円の申告漏れを指摘されたことがわかった。
 追徴税額は消費税や過少申告加算税などを含め約1億円とみられ、有馬氏は修正申告したという。有馬氏は揮毫料について、「お布施のようなものと考え、税務申告は必要ないと思っていた」とし、意図的な課税逃れを否定している。
 有馬氏の説明などによると、有馬氏は東京都内の美術品販売会社など3社の依頼で掛け軸や額などに揮毫し、1作品につき約5万円を受け取っていたが、税務申告していなかった。禅僧の墨跡は茶室に飾られるなどの需要があり、3社は一般に販売していたという。
 宗教法人が受け取ったお布施は原則非課税扱いだが、同国税局は、「宗教法人に入金されておらず、個人所得にあたる」と判断したとみられる。
 読売新聞の取材に対し有馬氏は、「揮毫料で古美術品を購入し、相国寺内で展示している。国外に散逸しそうな貴重な文化財を守るための資金に充てたもので、個人的に費消したわけではない」と話している。(以上(2011年2月17日07時20分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110216-OYT1T01092.htm

 金閣、銀閣寺住職の揮毫料に対して大阪国税局は、申告漏れを指摘した。
 新聞の広告で、○○寺住職揮毫の「南無阿弥陀仏」等の唱名の掛け軸が売られているが、これらの揮毫料は、宗教法人のお布施の扱いではなく、住職個人の収入と見なされた訳だ。唱名の掛け軸は、その書体よりも「○○寺住職」というブランドによって値段が変わる。
 しかし、この問題は、宗教法人の経理のあり方に疑問を呈している。非課税を良いことにして、寺と住職という公私混同できるシステムではないだろうか。まるで、「ごっあん体質」の相撲界と同じではないだろうか。この揮毫料の場合、タニマチからの心付けと同じではないだろうか。
 ○○法人という形態の組織は、多くの免税処置が施されているが、野放しにするのではなく、きっちりとした経理報告を義務づけて、休眠宗教法人を利用した脱税行為を見逃さないようにすべきだ。(No.2846)

|

« 逃げ得を許す捜査が許せない | トップページ | 居直った政府支える筋はなし »

宗教」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50894606

この記事へのトラックバック一覧です: 住職の申告漏れのある揮毫:

« 逃げ得を許す捜査が許せない | トップページ | 居直った政府支える筋はなし »