« NHK名乗る相手は信じない | トップページ | 民主主義逆行させる民主党 »

カンニングを見抜けなかったのは教授

京大入試の試験中、問題をネット掲示板に投稿
 京都大学(京都市)で25、26日に行われた入試(2次試験)で、数学と英語の問題の一部が、試験時間中にインターネットの掲示板に正解を求める書き込みとともに投稿され、実際に答えも寄せられていたことがわかった。
 投稿はいずれも携帯電話から行われていた。京大は、受験生による不正行為が行われた可能性があるとして調査している。また同志社大、立教大の入試でも、同じハンドルネームの人物が問題の正解を求める書き込みをしていた可能性が浮上した。
 京大などによると、25、26日には法学部や医学部など10学部の前期日程の試験があった。26日午前11時半頃に学内関係者を名乗る匿名の電話があり、投稿に気付いたという。
 投稿があったのはネット掲示板「YAHOO!JAPAN(ヤフージャパン)知恵袋」の質問サイトで、文系学部の問題がいずれも「aicezuki」のハンドルネームで書き込まれていた。入試問題であることは伏せ、塾で出された問題だと装っていた。(以上(2011年2月27日01時51分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110226-OYT1T00670.htm

 京都大学の2次試験最中に、入試問題がネットの掲示板に書き込まれると言うカンニング行為が行われたことが発覚した。
 入試熱の高い韓国では、既に数年前から、携帯を使ったカンニング行為が実際に行われ、その対策を行っている。韓国では、特定の人間に送られて、その解答を得るというものだったと記憶している。それが、ネット上の掲示板に変わっただけだ。
 しかし、私の学生時代、バイトで模擬試験の試験監督をした経験からすれば、このカンニング行為を発見できなかったのは、試験監督をしていた教授にも大きな責任があると考える。試験中に、頻繁な巡視を行っていれば、このような行為を行う者の動きは、他の受験者とは違う動きをするので、発見できたはずだ。実際、私も模擬試験で何人かの生徒の不正行為を見つけた。商業ベースの模擬試験なので、見つけても注意し、その行為を止めさせるだけで、退席させることはしなかったが・・・・・・。
 手口が巧妙になろうとも、しっかりした試験監督を据えていれば、その行為を発見できたはずだ。しかし、試験監督の教授は、当番に当たって仕方なしに監督をやっている者が多い。実際に、「めんどくさい」等の話を直接聞いたことがある。今回の事件は、答案用紙を精査すれば、犯人を特定することができるだろう。だが、犯人だけでなく、犯人の試験室の試験監督を行った者に対しても、職務怠慢として何かしらの処罰を考えるべきだ。(No.2855)

|

« NHK名乗る相手は信じない | トップページ | 民主主義逆行させる民主党 »

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50981623

この記事へのトラックバック一覧です: カンニングを見抜けなかったのは教授:

« NHK名乗る相手は信じない | トップページ | 民主主義逆行させる民主党 »