« 何も出ぬ強制力のない捜査 | トップページ | 不景気でどんどん細る親の脛 »

大阪は誰も法規を守らない

信号無視で死亡事故、歩行者や自転車多発…大阪
 大阪府内で歩行者や自転車に乗る人が信号無視し、死亡する事故の割合が全国平均の2倍に達していることが、府警の調べでわかった。
 昨年の死亡事故では、両者の信号無視が占める割合は全国平均の3・7%(173件)に対し、府内は8・1%(16件)。府警は歩行者らだけでなく、ドライバーにも注意を呼びかけている。
 府警によると、同様の死亡事故は、2006~09年の4年間に81件発生し、東京に次いで全国ワースト2位だった。交通量や信号が多い幹線道路で多発しているという。
 府警は今月初めから、国道などに設置した電光掲示板やチラシを使い、運輸業界や一般ドライバーに注意喚起を始めている。
 府内では2月8日までの事故死者が、昨年同期比4人増の26人に上る厳しい状況で、府警交通総務課は「ドライバーは青信号でも人が飛び出してくる可能性があることを考慮し、交差点では速度を落とし、左右の安全を十分確認してほしい」と訴えている。(以上(2011年2月13日19時58分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110213-OYT1T00427.htm

 「赤信号みんなで渡れば怖くない」を実践している大阪府では、歩行者・自転車の信号無視を原因とする死亡事故の割合が、全国平均の2倍という結果が出た。
 誰も積極的に交通法規を守ろうとしない大阪のことで、この結果は自業自得だろう。私も、関西に住んでいたことがあるが、高速で通過したことはあるが、怖くて、大阪府内の一般道を走ったことはない。歩行者・自転車の信号無視が原因であろうと、事故を起こした車の運転手は漏れなく「前方不注意」等の言いがかりを付けられて、刑事・行政処分の対象だ。「急な飛び出し」という言い訳が許されるのはパトカー位だ。
 大阪人という人種は、自分よがりであると共に、「カネ」には滅法うるさい。その特性を利用して、交通法規違反は徹底的に検挙すると言う方法でしか、大阪人を調教する方法はないだろう。
 大阪府警は、他府県から協力を仰いで、交通法規違反が無くなるまで、歩行者・自転車を含めて、徹底的に検挙したらどうだろうか。統計の数値を見ていても、改善されることなどないし、大阪人に「常識」を求めることは、不作為行為だ。(No.2843)

|

« 何も出ぬ強制力のない捜査 | トップページ | 不景気でどんどん細る親の脛 »

年金」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50866863

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪は誰も法規を守らない:

« 何も出ぬ強制力のない捜査 | トップページ | 不景気でどんどん細る親の脛 »