« 堕ちるまで飛ばし続けるボンバル機 | トップページ | 仙谷は死んでください国のため »

テレビには映す価値さえ無い総理

菅首相ナマ出演でテレ朝「報ステ」撃沈!視聴率急低下
 菅直人首相(64)が出演した5日のテレビ朝日「報道ステーション」の平均視聴率が6・9%と、前4週平均(14・7%)の半分以下に落ち込んだことがわかった。テレ朝関係者は「菅首相が画面に登場した瞬間、ガクッと視聴率が落ちた」と話しており、改めて不人気ぶりが裏付けられた格好だ。
 菅首相は番組で、社会保障と消費税改革などに「政治生命を懸ける覚悟でやる」と表明。通常国会については「政策実現のために最も力を発揮できるような党と内閣の体制を整備したい」と、内閣改造・党役員人事の断行まで言及し、永田町で大きな波紋が広がった。
 しかし、こうした気迫とは裏腹に、視聴者は菅首相の顔を見るのも飽き飽きな様子。同時間帯では、日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース 命をかけた女性の大変身ビューティー祭り第2部」(18・8%)などに大きく水を開けられた。
 首相は7日夜、インターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」の番組に生出演予定。ネット放送は政敵の小沢一郎元代表も多用しているが、アクセス数でどちらに軍配が上がるか。(以上(ZAKZAK2011.01.07)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110107/enn1101071234007-n1.htm

 菅直人の生出演した、報道ステーションへ菅直人が出たと共に視聴率が急落したそうだ。今の視聴率測定システムは、番組単位から分単位で分析できるので、なぜ、視聴率が急落したかまで分析できる。
 私も、「言動一致」の全くできない国賊・菅直人が画面にでるとチャンネルを変えるようにしている。本人は仮免許のつもりでいたらしいが、菅無能内閣発足時から今日まで、無為無策で徒に半年を浪費しただけだ。今後の決意を出しても、今更何をほざくのかとしか受け取れない。国民が「政権交代」に託した思いは、「自民党政権よりは悪くならないだろう」と言うものだが、マニフェストも、政権を与えてみれば、都合のよい絵空事が並んでいたこともハッキリし、民主党に騙されたと言う思いの方が今は強いと思う。それゆえに、国賊・菅直人の顔さえ見たくないのだ。消費税改革よりも前に、公務員給与の引き下げ、国会議員定数の削減等、やるべきことはやらないで、国民に負担だけ強いる政権など支持される訳も無いことさえ、自覚していないようだ。また、埋蔵金16兆円の根拠はどこにあったのかさえも明確にしないで、茶番劇の事業仕分けをやっただけだ。
 視聴率が命のテレビ番組としては、視聴率の急落が分かっている菅直人を引っ張り出そうということもやらなくなるだろう。多分、今週前半には、各メディアの内閣支持率の調査結果が発表されることだろう。果たして、何社で内閣支持率20%以上がでるだろうか?(No.2808)

|

« 堕ちるまで飛ばし続けるボンバル機 | トップページ | 仙谷は死んでください国のため »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50543206

この記事へのトラックバック一覧です: テレビには映す価値さえ無い総理:

« 堕ちるまで飛ばし続けるボンバル機 | トップページ | 仙谷は死んでください国のため »