« テレビには映す価値さえ無い総理 | トップページ | 民主党政治とカネは切れぬ仲 »

仙谷は死んでください国のため

仙谷官房長官、交代にじます 「一兵卒も喜ばしい」
 仙谷由人官房長官は10日、BS11の番組収録で、内閣改造をめぐり自らが交代する可能性を強くにじませた。「(民主党の)要職であろうが一兵卒であろうが、そういうことには慣れている。一議員としてもやりたいことがあり、忙殺の毎日から解放されるとすれば、これまた喜ぶべきことだ」と述べた。
 同時に「(菅直人首相は)11年度予算を通していただく環境整備をしなければいけないということで、腹を固めて前進あるのみという感じだ」と指摘。「(留任で)頑張っても罷免というのが飛んでくるだけだ。首相が強力な内閣、党体制を敷くとリーダーシップを発揮して人事をするのは別に悪い話ではない」とした。
 ただ、参院で問責決議を受けた閣僚が辞任することの是非は「憲法論としては無理筋」と強調した。(以上(2011/01/10 18:14【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011011001000416.html

 表題句は、年始に当たって、売国奴・仙石由人に贈った句だ。原句は、「老人は死んでください国のため」という宮内可静さん作品だ。この句が、どのような句であるかは、この句を検索サイトで調べて下さい。
 私としては、口先だけで保身を計り続けた売国奴・仙石由人には、官房長官を更迭されるとともに、国会議員を辞して貰いたいと思っている。なぜならば、国会議員に『売国罪』という刑が存在しないからだ。西岡参議院議長が、沖縄地検担当検事の国会招致を行えば、誰が「政治的判断」を検察に押し付けたかは明らかになるだろう。しかし、それが明らかになっても、売国奴・仙石由人を裁く法が無い。それならば、せめて国会議員辞職によって、その罪を償うべきだと私は思う。それとも、自分のような政治屋がのさばらないように、『売国罪』の立法処置を済ませてから辞めるというなら、それも良しととしよう。
 負け惜しみもよいが、売国奴・仙石由人は一兵卒として、ライフワークである「コンニャクゼリー」にいちゃもんを付け続けるのだろうか。それなら、窒息死原因の第一番である餅にも、法的規制を考えて貰わなければ、片手落ちだ。バランス感覚の欠如した民主党議員など、政権のつまずきの発端である尖閣諸島に島流しにして『防人』にでもすれば良いのだ。防人の隊長が国賊・菅直人で、参謀が売国奴・仙石由人ならば、何も言うことがあるまい。机上演習ばかりに気を取られて、全て後手後手に回ることは必至だろう。
 徳島県の有権者は、これだけ国政及び国民を愚弄し続けた仙石に対して、選挙民から国会議員資格の取り下げをしても良いのではないか。敬称略(No.2809)

|

« テレビには映す価値さえ無い総理 | トップページ | 民主党政治とカネは切れぬ仲 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50549278

この記事へのトラックバック一覧です: 仙谷は死んでください国のため:

« テレビには映す価値さえ無い総理 | トップページ | 民主党政治とカネは切れぬ仲 »