« 数合わせ民意無視した民主党 | トップページ | 6年後までに軌道修正せよJAXA »

社民党北朝鮮を黙らせろ

武器輸出なら日本は「死の商人」…福島氏先鋭化
 菅首相から政権運営への協力を求められた社民党の福島党首が安全保障政策に関する主張を先鋭化させている。
 政府・民主党内では、社民党に政権運営を再び振り回されることに警戒感が広がる一方、「社民党の協力がなければ菅政権は持たない。しばらくは我慢だ」(政府筋)といった声も出ている。
 福島氏は7日昼、国会内で、政府が来週決定予定の「防衛計画の大綱(防衛大綱)」に関する市民団体の集会に出席。約100人の参加者を前に「日本製の武器が世界中の子どもたちを殺すことを望むのか。日本が『死の商人』になるのは、平和国家にそぐわない」などとあいさつし、武器輸出3原則の堅持を政府に求める考えを強調した。自らの発言に興奮したのか、途中で「熱弁ふるってすみません」と苦笑する場面もあった。(以上(2010年12月8日15時44分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101208-OYT1T00088.htm

 現実逃避した社民党党首の福島みずほは、日本を焦土と化したいらしい。
 「この世から武器が無くなることに越したことはない」と言う理想論は、戦争論者以外誰もが認めることだ。しかし、今の東アジア情勢を見ても、北朝鮮が何時暴発するか分からない状況だ。福島みずほは、屁理屈を並べる前に、旧社会党の友党であった北朝鮮の朝鮮労働党を宥めて、この危機を穏便に済ますことを考えたらどうだ。北朝鮮による拉致事件にしても、解決のとっかかりのチャンスを逃させたのは、何を隠そう「北朝鮮はそのようなことをする国家ではない」とほざいた旧社会党だ。政権に責任を持たない数合わせだけの社民党には、自党の主張だけしていれば済むことだろう。このような股座膏薬こそ日本の害になっても益にならない売国奴だ。久しぶりに、スポットライトを浴びて福島みずほが有頂天になりたいのは分かるが、日本を考えてのことだろうか。
 菅直人は、歴史的な評価が欲しいのであれば、国民から民主党にも劣る評価もされない社民党と手を組んで日本をより酷く貶めるよりも、解散・総選挙を選択した総理としての評価を選んだ方が得策だと私は思うのだが・・・・・・敬称略(No.2784-2)

|

« 数合わせ民意無視した民主党 | トップページ | 6年後までに軌道修正せよJAXA »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50246995

この記事へのトラックバック一覧です: 社民党北朝鮮を黙らせろ:

« 数合わせ民意無視した民主党 | トップページ | 6年後までに軌道修正せよJAXA »