« 蓮舫を中学生が言い込める | トップページ | 韓ドラが北朝鮮を切り崩す »

血迷った総理がほざく絵空事

半島有事、自衛隊派遣も検討=周辺は否定-拉致被害者救出-菅首相
 菅直人首相は10日夜、朝鮮半島有事の際に北朝鮮による拉致被害者を救出するため、自衛隊派遣の可否を含めて政府内で議論していると説明した。都内のホテルで開かれた拉致被害者家族らとの懇談で語った。拉致被害者救出のために自衛隊を活用することは、拉致被害者家族会と支援団体の「救う会」が政府に要望していた。
 首相は席上、北朝鮮による韓国砲撃事件に触れて「一触即発の状況も生まれてきた」と指摘。「(拉致被害者の)救出に直接自衛隊が出て行って、向こうの国(韓国)の中を通って行動できるルールはきちんとは決まっていない。きちっと救出活動にも携われるような、日韓の間における決め事などもしっかりしていきたいと考えながら、今いくつかの議論を進めている」と述べた。
 ただ、自衛隊活用の議論が政府内のどのレベルで行われているかは不明。首相周辺は「検討していない」とし、防衛省幹部も「防衛省内で検討している事実はない」と語った。 懇談に同席した東祥三内閣府副大臣(拉致問題担当)は、首相の発言について「何らかのことが起こったときに、ありとあらゆる手段を尽くして拉致被害者を救出するという決意の表れだと思う」と指摘した。(以上(時事ドットコム2010/12/11-00:08)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010121000928

 菅直人は、とうとう現実の認識もなく、絵空事をほざく『ご乱心』なされたようだ。
 有事の際の拉致被害者の救出を自衛隊で、という考えは良しとしても、拉致被害者が北朝鮮のどこに居るのか分からない状況下で、北朝鮮領内を自衛隊でくまなく探そうなどと言うことが現実的なのかどうかも分からない。どのレベルで検討されているのか明らかにされていないが、検討の結果、可能性がある話ならば拉致被害者家族に話をしても良いが、実現性のない話ならばしない方がマシだという判断もできないようだ。単なる思いつきならば、拉致被害者家族の心を逆撫でるだけということも分からないようだ。もし、拉致被害者の居場所が分かるのであれば、今でも特殊部隊を突入させて救出するという英断を下すこともできるだろう。
 このような絵空事をほざくよりも、参議院で問責決議の可決された売国奴・仙石由人に何時までも法相・拉致担当を兼務させずに、担当大臣を決めるのが先決だ。形だけ兼務で実際には、法相の仕事をほとんどしていない仙石由人に、「拉致問題」まで頭が回る訳がない。このように現実の「拉致問題」を軽視したことをやっていながら、思いつきで何を言っても誰も信じる者などいないだろう。
 今年の一字として、菅直人は『行』を出して「総理の修行中」とほざいたそうだが、そのひと言を聞いても、総理として相応しくない人間が総理の面を被って一人芝居をしているとしか、感じられない。修行も済んでいない生臭坊主が『泥縄』で総理を装っても、困るのは国民であり、諸外国から馬鹿にされるだけだ。敬称略(No.2787)

|

« 蓮舫を中学生が言い込める | トップページ | 韓ドラが北朝鮮を切り崩す »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50267834

この記事へのトラックバック一覧です: 血迷った総理がほざく絵空事:

« 蓮舫を中学生が言い込める | トップページ | 韓ドラが北朝鮮を切り崩す »