« もう幾つ寝ると戻るか民主主義 | トップページ | パトカーも譲らぬ奴が持つ免許 »

書き換えで済まぬ民主のマニフェスト

民主党、マニフェスト全面見直しへ 財源捻出が限界に
 民主党は2009年の衆院選マニフェスト(政権公約)を全面的に見直す方針を固めた。子ども手当や高速道路無料化など巨額の歳出を伴う政策を念頭に、来年8月をめどに結論を出す。財源捻出が限界に近づき、見直さなければ、12年度以降の予算編成が極めて難しいと判断した。
 玄葉光一郎政調会長(国家戦略相)は朝日新聞のインタビューで「11年度予算編成で当初想定していたほど財源が捻出できないとわかった。マニフェスト見直しの議論をきちっと整理し、国民に正直に説明する必要がある」と述べ、マニフェストを見直す考えを明らかにした。岡田克也幹事長も22日、同様の方針を示している。
 民主党は09年マニフェストで、子ども手当を月額1万3千円で支給し始め、10年度から2万6千円に増額するとしたが、7月の参院選マニフェストでは「財源を確保して増額」と修正。今後は12年度予算案の概算要求直前の来年8月をめどに、財源と実現可能な政策を絞ってマニフェストを見直し、12年度の予算編成に反映させる考えだ。
 同党は09年マニフェストで、総予算を組み替えて16.8兆円の財源を生み出すとしたが、11年度予算編成では事業仕分けで生み出した財源は約3千億円で、「埋蔵金」など7.2兆円の税外収入に頼らざるを得なかった。玄葉氏は「11年度中に消費増税を含む税制改革の成案が得られなければ、12年度予算は窮屈になる」とも語り、予算編成作業は限界との認識を示した。
 一方、自民党など野党は民主党のマニフェストを「ばらまき」と批判しており、マニフェスト見直しで国会運営などで野党の協力を得やすくする狙いもある。(山下剛)(以上(朝日新聞2010年12月30日3時2分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/1229/TKY201012290369.html

 実現不可能なことを書き連ねたマニフェストで国民を騙し、政権交代を成し遂げた民主党が、こともあろうか公約に掲げたマニフェストを書き換えるという暴挙に出るらしい。 「見直し」と言えば聞こえがよいかも知れないが、政権維持に精一杯で、できもしないマニフェストで国民を騙したことは、何とも感じていないらしい。これこそ、『マニフェスト詐欺』だ。マニフェスト09で国民を騙して国会議員に成り上がった、民主党議員全員を詐欺罪で告発できないものだろうか。それが、刑法上できないとすれば、法律の大きな欠陥ではないだろうか。それとも、民主党は、民主党閣僚の専売特許である失言の延長線上にある『マニフェスト失言』とでも考えているのだろうか。民主党政権は、政治屋の発言が、如何に軽いものであるか曝露し続けている。その最終章が、マニフェストであれば、嘘で固めた政権と言える。4年間の公約を書き直せば済むなどと、民主党は簡単に考えているのだろうが、『盗人猛々しい』にも程がある。政権を取るためだった民主党のマニフェストは、できもしないことを並べる社民党のマニフェストとは、その重さが全く別次元であることすら認識が無いらしい。
 以前、小泉元総理が、公約を1つ破って「この程度の約束を守らないのは大したことではない」と釈明した時に、噛みついたのは、誰あろう無能・菅直人だ。菅直人は、その時に小泉に対して言った言葉を思い出すべきだ。思い出せないのであれば、マスコミに頼んでその時のビデオを見せて貰えばよい。その後、小泉は首相在任中に公約を果たしている。他人に厳しく、自分に優しい菅直人にすれば、「この程度のことは大したことはない」のかも知れないが!
 民主党は、嘘八百を並べ立てた『マニフェスト』を書き換えるのであれば、その書き換えたマニフェストを以て、国民に信を問うべきだろう。敬称略(No.2806)

|

« もう幾つ寝ると戻るか民主主義 | トップページ | パトカーも譲らぬ奴が持つ免許 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50437617

この記事へのトラックバック一覧です: 書き換えで済まぬ民主のマニフェスト:

« もう幾つ寝ると戻るか民主主義 | トップページ | パトカーも譲らぬ奴が持つ免許 »