« 国賊が丸テーブルで鉢合わせ | トップページ | 一喜さえできぬ民主の地方選 »

党内に姿見さえも無い民主

自発的離党も選択肢に 小沢氏強制起訴で仙谷氏
 仙谷由人官房長官は26日午前のテレビ朝日の番組で、民主党の小沢一郎元代表が収支報告書虚偽記入事件で強制起訴された段階の対応について、自発的離党を選択肢とすべきだとの考えを示した。「(強制起訴でも)起訴は起訴だ。出処進退は本人が決めると信じている。党として(起訴後に自ら離党した石川知裕衆院議員の)前例も含めて考えなければいけないことになるだろう」と述べた。
 菅直人首相が、たちあがれ日本に入閣要請していたことに関し「首相は可能性があるかなと考えたんだろう。救国内閣的なものが必要なぐらい、この時期を乗り越えていくには総力を結集しないといけない」と指摘。連立積極派と目される与謝野馨共同代表だけが政権に協力するケースについても「多少、気は変わる」と述べ、政権運営にプラスに働くとの認識を強調した。(以上(MSN産経ニュース,2010.12.26 12:36)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101226/stt1012261238003-n1.htm

 売国奴・仙石由人が、また、自分のことは棚に上げて、小沢一郎のことに言及した。
 小沢一郎の肩を持つ気などないが、今の菅無能政権の足を一番引っ張っているのは、売国奴・仙石由人が官房長官の椅子に居座り続けていることだと思う。民主党の主立った面々のやっていることには、共通点がある。それは、自分のことは棚に上げて、人の責任追及はする点だ。。野党時代には自分の肩書きがなかったから、自分のことを棚に上げる必要が無かっただけで、野党時代から連綿と続く党是のようだ。
 少なくとも、民主党設立に寄与した政治屋に、清廉潔白な者は皆無だ。民主党は、まず、党内のあちこちに『姿見』を置いて、自分がどれほど醜いことをやっているか鏡で確認するようにしたらどうだろうか。そうすれば、売国奴・仙石由人も、小沢一郎をとやかく言う前に、自分で出処進退を決めなければならないことが分かるだろう。敬称略(No.2802-2)

|

« 国賊が丸テーブルで鉢合わせ | トップページ | 一喜さえできぬ民主の地方選 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50405127

この記事へのトラックバック一覧です: 党内に姿見さえも無い民主:

« 国賊が丸テーブルで鉢合わせ | トップページ | 一喜さえできぬ民主の地方選 »