« 辞任する責任感もない馬淵 | トップページ | 末松の無能外交先送り »

小沢氏の喚問すればまだ戻る

菅内閣支持、急落27%=自民が民主逆転-時事世論調査
 時事通信社が5~8日に実施した11月の世論調査によると、菅内閣の支持率は前月比11.4ポイント減の27.8%に急落、6月の菅内閣発足後最低となった。不支持率は同12.6ポイント増の51.8%だった。政党支持率も、民主党16.2%、自民党16.5%となり、2009年9月の政権交代後、民主党は初めて自民党に逆転された。
 内閣や民主党の支持率下落の背景には、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件や、メドベージェフ・ロシア大統領の北方領土訪問をめぐる政府の対応への不満があるとみられる。小沢一郎民主党元代表の国会招致問題で菅直人首相らが指導力を発揮していないことも影響したようだ。
 調査は、全国の成年男女2000人を対象に個別面接方式で行った。回収率は65.3%。
 内閣を支持する理由は、「他に適当な人がいない」12.2%、「首相を信頼する」6.2%、「だれでも同じ」5.1%などの順。不支持の理由では、「期待が持てない」30.1%が最も多く、「リーダーシップがない」28.7%、「政策が駄目」19.3%が続いた。 
 望ましい政権の枠組みは、「政界再編を経た後の既存の枠組みによらない政権」が20.8%でトップ。次いで「民主党中心の連立政権」17.2%、「自民党中心の連立政権」16.2%、「民主、自民の大連立政権」10.1%となった。
 政党支持率は、民主党が前月比3.8ポイント減、自民党が同1.8ポイント増。公明党が同0.2ポイント減の3.1%、みんなの党が同0.6ポイント増の2.6%で、共産党1.0%、社民党0.6%。「支持政党なし」は57.4%だった。(以上(時事ドットコム2010/11/12-15:18)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010111200500

 とうとう、菅内閣の最新の支持率が、3割を割ると言うデータも出た。
 他社のデータよりも、時事通信社の調査は1週間後だが、直接、比較はできないにしろ、たった1週間で、10%近い下落は、ギネス物ではないかとさえ思う。
 もし、菅直人が、劇的な支持率の回復を外交で狙うのであれば、APECで、胡錦涛主席に尖閣諸島は日本固有の領土として認めさせるか、メドヴェージェフ大統領に北方領土4島一括返還を認めさせるしか、手立てはあるまい。しかし、菅直人が何もしなくても反小沢を打ち出しただけで、民主党代表選後に支持率がV字回復したように、日本国内ならば、小沢一郎氏に国会における証人喚問を受け入れさせるだけで、支持率の回復が見込めるだろう。民主党代表であるならば、一兵卒に党命をごり押しすること位できるだろう。それもできるような器でないことも、国民に見透かされているとは思うが・・・・・・
 もしこのまま、なあなあで菅直人が過ごしたとすれば、今決まっている国会閉会時には、内閣支持率は、菅直人が目指す消費税率位まで落ちることは、誰の目にも明らかだと思うが、果たして、ご本人自体に認識があるのだろうか。歴史の審判以前に、国民の審判が先にあることを自覚すべきだ。敬称略(No.2760)

|

« 辞任する責任感もない馬淵 | トップページ | 末松の無能外交先送り »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50007999

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏の喚問すればまだ戻る:

« 辞任する責任感もない馬淵 | トップページ | 末松の無能外交先送り »