« 何もせぬ奴の評価は変わらない | トップページ | 犯人は仙石よりも余程マシ »

KYも半端で済まぬ菅直人

【小沢氏招致】首相「私が責任者として最終判断する」 衆院予算委
 菅直人首相は9日午後の衆院予算委員会で、民主党の小沢一郎元代表の政治資金問題で野党側が求めている国会招致について「最終的な判断を党代表が求められる場面があった場合、最終責任者として私が判断することになる」と述べた。公明党の石井啓一政調会長に対する答弁。(以上(MSN産経ニュース,2010.11.9 13:32)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101109/plc1011091333013-n1.htm

 タイミングを察する能力の欠如した菅直人が、小沢一郎に対する国会招致のもんだいの最終判断は、自分がするとほざいたそうだ。
 「政治とカネ」の問題は、民主党が政権交代果たして以来、1年以上結論を先送りにしている案件だ。国会開催時の経費は、1日1億円というのだから、民主党政権になってどれだけ無駄な論議を引っ張って、無駄な経費を血税から垂れ流しているのかさえも分からないのが、菅直人だ。今日まで、菅直人は総理である前に民主党代表という立場も忘れて、岡田に丸投げしてきた。
 菅直人が民主党代表という立場を思い出した今こそ、即断即決するべき案件だ。菅直人は、野党が審議に応じないとほざくだろうが、国民生活に直結する補正予算案を人質として取る行為は、止めるべきだ。補正予算案を人質に取っているのは、民主党というぐらい隠し立てしても、国民は分かっている。それさえも分からないKYなのが、菅直人だ。自民党政権下で、散々歴代総理をKYでこき下ろしてきたが、菅直人と比べると本当に可愛いKYだったと反省している。(No.2756-2)

|

« 何もせぬ奴の評価は変わらない | トップページ | 犯人は仙石よりも余程マシ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49980215

この記事へのトラックバック一覧です: KYも半端で済まぬ菅直人:

« 何もせぬ奴の評価は変わらない | トップページ | 犯人は仙石よりも余程マシ »