« 泥縄も無能政府は追いつかぬ | トップページ | 生活の知恵が回らぬ毒キノコ »

情報は嫌な上司にゃ集まらぬ

「官邸は情報過疎地帯」菅首相ぼやく
 菅首相は2日昼、国会内で開かれた菅氏支持の民主党議員グループの会合に出席した。 出席者によると、首相は「首相官邸は情報過疎地帯だ。役所で取りまとめたものしか上がってこない」とぼやき、「とにかく、皆さんの情報や意見を遠慮なく私のところに寄せてほしい」と要請した。
 この日の会合には約40人が出席、今後、隔週の火曜日に会合を開く方針を確認した。党内各グループの活動が活発化しているため、「首相をしっかり支える必要がある」(江田五月座長)と判断したという。(以上(2010年11月2日21時16分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101102-OYT1T01008.htm

 菅直人が、官邸に情報が上がってこないとぼやいたらしい。それが、なぜかも分からない無能総理を頂いている日本はどうなるのだろうか。
 サラリーマンの方は、次のような状況下でどのような行動をしますか。
 自分の仕事分野には基礎知識もないが、全て自分が判断すると言い、何時首が飛ぶか分からない上司が、いきなりやって来たらどうします?当然、組織の中で仕事をしているので、指示された仕事はそつ無くこなすでしょう。しかし、指示された仕事以外の情報を自発的に伝えますか。「あれはどうなんだ」と聞かれれば伝えるでしょうが、「これはこうなんです」なんて気を効かせて伝えることはしないでしょう。「会社=全て」という人は別として、その上司がどうなるかどうするか模様眺めをするのが普通だと思う。また、それが、霞ヶ関全体に起こっているだけだと私は思う。
 これは、民主党政権の掲げる『政治主導』と言う態度がそうさせていると私は考える。政治家が最終判断をし、責任を取ると言う政治主導なら、そのようなことは無いでしょうが、その分野のド素人が政務三役として鎮座して、全て自分達が決めるとほざいている状況で、菅直人が言うような情報が上がってくる訳がない、それさえ、分からないのが菅直人だ。私も長い間サラリーマン生活を送ったが、「情報をどんどん上げてくれ」という上司にろくな奴がいなかったのは、経験則から言える。また、こういう輩は、何か問題になると責任を部下に転嫁する。その一番良い例が、中国漁船船長の釈放の判断を検察に押し付けたことだろう。
 菅直人は、何時まで政権の座に居座り続けて、政治を停滞させる積もりなのだろうか。一度は自民党政治とは違う政治をと政権交代が実現したが、それが間違いであったと言う認識の国民は増えていると思う。しかし、一旦政権を預けただけの筈の自民党が、今のような体たらくでは、大政奉還もできない状況なのが情けない。敬称略(No.2750)

|

« 泥縄も無能政府は追いつかぬ | トップページ | 生活の知恵が回らぬ毒キノコ »

公務員」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49921995

この記事へのトラックバック一覧です: 情報は嫌な上司にゃ集まらぬ:

« 泥縄も無能政府は追いつかぬ | トップページ | 生活の知恵が回らぬ毒キノコ »