« オバサンの少女時代は無理がある | トップページ | 韓ドラの結末を出す映画版 »

政府から国家機密は垂れ流し

露外相、日ソ共同宣言を疑問視…外相会談で
 13日に横浜市で行われた日露外相会談で、ロシアのラブロフ外相が、平和条約締結後に色丹島と歯舞群島を日本に引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を疑問視し、「北方4島のロシア帰属は確認されている」との立場を示していたことが明らかになった。
 政府関係者が19日明らかにした。
 同関係者によると、ラブロフ外相は会談で、同宣言について「ソ連がなぜ締結したのか分からない」などと述べ、領土問題に強硬姿勢で臨む姿勢を明確にした。
 これに対し、前原外相は北方領土問題を解決し、平和条約を締結する必要性を強調した。(以上(2010年11月20日09時27分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101120-OYT1T00017.htm

 APECを含む会談の内容は、非公開で機密事項と売国奴・菅直人はほざいている。また、売国奴・仙石由人は、海保のビデオ漏洩事件を機密漏洩と位置付けて、ほざき回っている。
 しかし、この記事を読むと、日ロ外相会談の内容、言い方を変えれば『外交機密』が、政府関係者という個人名が特定できない人間から、漏洩されていると言っても良いのではないだろうか。それとも、政府に都合の良い世論形成に必要な機密漏洩は、問題ないのだろうか。この外相会談の内容のリークは、「実るほど頭を反らす不良米」の前原誠司にとって、僕はこんなにいじめられながら、日本の国益のために頑張っているというパーフォーマンスの一部とさえ思えてくる。
 このような記事では、政府関係者以上の個人情報を出さない約束で、マスコミに出されるようだが、政府は、マスコミ批判をする前に、官邸内の情報管理を厳重にすべきだと私は思う。敬称略(No.2768)

|

« オバサンの少女時代は無理がある | トップページ | 韓ドラの結末を出す映画版 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50080638

この記事へのトラックバック一覧です: 政府から国家機密は垂れ流し:

« オバサンの少女時代は無理がある | トップページ | 韓ドラの結末を出す映画版 »