« 節約もせずにJAXAが出す成果 | トップページ | 金になる間に売ろうマツダ株 »

支持率の端に法相ぶら下がり

失言内閣「もはや末期」…法相罷免なお否定的
 「国会軽視」と取れる発言で柳田法相は窮地に追い込まれた。
 国会審議では仙谷官房長官ら閣僚の緊張感に欠ける答弁も相次いでおり、野党からは「もはや政権末期の様相だ」との指摘も出ている。
 「心から反省し、国会審議にあたっては、真摯(しんし)にかつ誠実に対応していく」
 柳田法相は18日の参院予算委員会で、「国会軽視」発言について低姿勢で謝罪を繰り返した。
 自民党の世耕弘成氏は「『真摯に答弁、誠実に対応』も、新しい辞書に加えたらどうか」と皮肉ったほどだ。
 予算委では、世耕氏が国会軽視発言で、同党の宮沢洋一氏が尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、中国人船長を釈放した検察の判断について、それぞれ柳田氏を追及。世耕氏から法相罷免を求められた菅首相は「今後もしっかり努力してもらいたい。罷免すべきと思っていない」と突っぱねた。
 首相は、柳田氏の発言を大きな問題にならないと見ていた節がある。野党からの批判が高まった17日、首相は首相官邸に柳田氏を呼んで口頭で注意したが、会談時間はわずか2分。柳田氏を首相官邸に呼んだのも仙谷官房長官だった。
 しかし、野党の攻勢を受け、民主党内では18日、「辞任不可避」とのムードが一気に広がった。同党の今野東参院議員は国会内で記者団に「思い切って(法相を)更迭した方がいい」と明言。党執行部の一人も「もうダメだ。当然、辞任するだろう」と語った。岡田幹事長は記者会見で「任命権者の首相が(辞任に)否定的だ。それ以上の意見はない」と述べるのが精いっぱいだった。
 一方、柳田氏が所属する参院民主党幹部は柳田氏を守ろうと懸命だ。
 輿石東参院議員会長は18日の記者会見で「誰にでも、気の緩みも過ちもある。柳田法相は『ご迷惑をかけました』と言っているのだから、それでいい」と述べた。9月の内閣改造で柳田氏の入閣を首相に勧めたのは輿石氏とされており、「輿石氏は自分の身に火の粉が降りかかるのが嫌なのだろう」(党幹部)との見方も出ている。(政治部 湯本浩司、池口次郎)(以上(2010年11月19日08時49分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101119-OYT1T00096.htm

 地元・広島で本音を吐露した売国奴・柳田稔が、窮地に陥っている。
 しかし、この位の失言で法相を辞めなければならないのだろうか。売国奴・菅直人は、未だに柳田を庇っている。それでこそ、リーダーシップだ。万年野党からようやくマニフェスト詐欺によって、政権交代を成し遂げた上、大臣にまで登り詰めたのだ『有頂天』になっても仕方ないことだ。失言で柳田が辞職したならば、ほとんどの失言をしても撤回しない仙石由人に攻撃の矛先が向くことだろう。参議院の問責決議など法的根拠が無いのだから、例え、柳田の問責決議が可決されようとも、どこ吹く風で、法相の座に居座っていれば良いのだ。
 昨日、柳田にエールを送るメールを送付した。その内容は、『「石の上にも三年」と言います。今こそ、しっかり法相の地位にしがみついて、売国奴・菅無能政権が潰れるまで、足を引っ張り続けてください。』だ。柳田が法相の座に居座り続けて、菅無能内閣の足を引っ張り続けることが、何よりも大切なことだ。柳田の辞職によって幕引きなどせずに、柳田には、もっと重要な民主党政権の幕引きをやって貰わなければ困るのだ。
 柳田が居直れば、法案審議が止まって余計な法律ができなくて済む。次の政権への足枷が少なくて済む。何としても、キーパーソン・柳田には、辞職など考えずに自重して、菅内閣の支持率の足を引っ張り続けて貰いたいと私は考える。敬称略(No.2766-2)

|

« 節約もせずにJAXAが出す成果 | トップページ | 金になる間に売ろうマツダ株 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50070490

この記事へのトラックバック一覧です: 支持率の端に法相ぶら下がり:

« 節約もせずにJAXAが出す成果 | トップページ | 金になる間に売ろうマツダ株 »