« オバマジョリティーは抹茶アイス未満 | トップページ | テヨンのアルバムを聴きたいわがまま »

国民も後悔してる総選挙

「政治主導なんてうかつなこと言った…」枝野氏
 民主党の枝野幸男幹事長代理は14日、さいたま市内で講演し、菅内閣の支持率急落に対し、「おわび申し上げたい。政権が国民の意識、感覚とずれていると思われる部分が多々ある。かなり深刻な状況だ」と述べ、危機感をあらわにした。
 その上で、枝野氏は民主党政権の掲げた「政治主導」が機能していないとの批判に関連し、「与党がこんなに忙しいと思わなかった。政治主導なんてうかつなことを言ったから大変なことになった。何より欲しいのは、ゆっくり考える時間と、ゆっくり相談する時間だ」と釈明した。
 枝野氏は子ども手当を巡り、高額所得者への給付を抑制する所得制限案が浮上していることについて、「『支持率が下がっているから所得制限をつけちゃえ』という一種のポピュリズムになる」と述べ、否定的な考えを示した。(以上(2010年11月14日19時38分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101114-OYT1T00509.htm

 民主党の枝野幸男幹事長代理は、今になって、民主党の掲げた「政治主導」に無理があったことを認めた。今になって後悔されても、国民は困るだけだ。
 民主党が政権交代を掲げて出した「マニフェスト」とは、何だったのだろうか。先の総選挙時に国民は、政権交代のために細部にわたるまで検討し、練り上げたと思わされた「マニフェスト」に騙された、言い換えれば、民主党の「マニフェスト詐欺」に遭ったと言っても過言ではない。政権与党を目指す以上、このような言い訳をしなければならない虚飾の「マニフェスト」を掲げるなどとは、国民は思っていなかった。どこかの政権与党に寄生しなければ何一つ「マニフェスト」の実現が不可能な社民党とは違うと言う認識もなかったのだろうか。
 さらに、仙石由人が「政治主導」を「決めるのは政治屋、責任を取るのは官僚」という摩訶不思議な論理まで、展開させている。ふざけるのもいい加減にすべきだ。「ミスター年金」とちやほやされた長妻にしても、大臣になった途端に、官僚の仕事に課長か主任かと言うレベルで、枝葉末節に拘った結果、厚生労働省の仕事の効率を飛躍的に低下させた。民主党の掲げる「政治主導」が可能であるならば、政務三役だけで、霞ヶ関の省庁と官僚は不要になるはずだ。しかし、枝野の言うように、政務三役だけで仕事が進む訳がない。政治主導という形態は、政務三役で方針を決めて、細部の詰めは官僚に任せ、できあがった物を政務三役でチェック・承認すると言うシステムにしないから、政務三役の仕事がオーバーフローするのだ。そして、一番大切なことは、結果責任を含めて、全ての責任を政治家が取ることだ。馬淵など、屁理屈を並べていないで、今すぐ辞表を出すべきだ。
 また、仙石由人は、「独自の外交ルートで」と自慢しているが、日本と諸外国との交渉のルートは、本来外務省ルートだ。自分達を飛び越えていい加減なことしかしない政治屋に、外務官僚が積極的に協力するだろうか。私でも、「やれるのならやってみろ」と傍観するだけだろう。その結果が、APECの日中首脳会談もどきだろう。メモを読みながら、会談など、な恥も外聞もない行動を取ったのは、私の知る限りでは、菅直人だけだ。
 民主党政権は、既に「政権崩壊」を起こしている。民主党だけでなく、民主党に期待した国民も、民主党を選んだことを後悔している。菅直人は、これ以上国民に後悔させないためにも、『大政奉還』をして、歴史的は評価を受けるべきだ。敬称略(No.2762-2)

|

« オバマジョリティーは抹茶アイス未満 | トップページ | テヨンのアルバムを聴きたいわがまま »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/50036186

この記事へのトラックバック一覧です: 国民も後悔してる総選挙:

« オバマジョリティーは抹茶アイス未満 | トップページ | テヨンのアルバムを聴きたいわがまま »