« 国民のために議論をして欲しい | トップページ | 「マツダの森」一連のQ&A »

何時までも子供だましは通じない

帳簿コピー問題で鳩山氏「関知していなかった」
 民主党の岡田幹事長は22日、東京都内で鳩山前首相と会談し、鳩山氏の資金管理団体の偽装献金事件を巡って鳩山氏側が東京地検特捜部に提出した会計帳簿のコピーの保管に関し、本人に事情を聞いた。
 鳩山氏は2月の衆院予算委員会で「コピーはしなかった」と答弁したが、顧問弁護士がコピーしていたことが明らかになったためだ。
 関係者によると、鳩山氏は、コピーの存在について「関知していなかった」とし、国会答弁は「虚偽ではない」と主張したという。野党は民主党に事実関係の調査と公表を求めている。(以上(2010年10月22日18時52分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101022-OYT1T00901.htm

 身の程を弁えると言う教育さえ満足に受けていない鳩山由紀夫は、総理時代に偽装献金問題で、「会計帳簿のコピーは無い」と言う嘘がばれたが、今度は「関知していなかった」とほざいた。
 一国の総理が、足元も確かめずに「コピーはしなかった」と予算委員会で答弁したことは、国民全部を騙した詐欺行為だ。「関知していなかった」という岡田幹事長に弁明したことも同様だ。今、国会で問題になっている『政治とカネ』の問題に対する答えと言っても良いだろう。これが、民主党を立ち上げた輩の発言であるならば、先の総選挙で『政権交代』と言うスローガンに乗った国民がバカだったと言うことだ。国民からすれば、生涯収入以上の数億円の金の出入りにさえ興味さえ示さない異種人間に政権を任せたことが、間違いであったことは、明白になったとも言える。
 鳩山由紀夫にこれ以上一銭たりとも歳費として税金を宛がう必要はない。お母ちゃんの小遣いで十分以上の生活はできるはずだ。鳩山由紀夫は、まず、議員辞職を行った上で、総括として、証人尋問に応じるべきだ。また、野党も『政治とカネ』の問題を民主党の問題として民主党に預けるのではなく、小沢一郎、鳩山由紀夫個人の問題として、国会、予算委員会で、国民に対する回答を求めるべきだ。
 これほど、国民をバカにした話はあり得ない。菅直人は、今すぐ、衆議院を解散し、国民に『民主党』の信を問うべきだ。敬称略(No.2739)

|

« 国民のために議論をして欲しい | トップページ | 「マツダの森」一連のQ&A »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49815133

この記事へのトラックバック一覧です: 何時までも子供だましは通じない:

« 国民のために議論をして欲しい | トップページ | 「マツダの森」一連のQ&A »