« えげつない商売します大阪市 | トップページ | 民主党完敗よりは不戦敗 »

死ななきゃ治らない典型が秋葉

広島五輪計画案、8割が理解
 広島市の秋葉忠利市長は29日の記者会見で、2020年夏季五輪の市民説明会の直後に参加者にアンケートした結果、回答者の約8割が「理解が深まった」と答えていると発表した。市長は「今後もより多くの方に賛同してもらえるよう努めたい」と強調した。
 市は、先に公表した開催基本計画案を基にした市民説明会を21日から始めた。28日までに6区で開き、延べ458人が参加。計画案への理解度を尋ねるアンケートには、回答した356人のうち、83・4%の297人が「大変深まった」か「ある程度深まった」を選んだという。説明会は30日までに全8区で開く。
 財源に見込む1千億円近い寄付金の実現可能性が論点になっているが、会見で秋葉市長は「寄付金集めも説明を聞いて無理ではないと分かり、頑張ってほしいとの声も寄せられている」と述べた。(以上(中国新聞'10/10/30)より引用)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201010300019.html

 この内容は、ローカル放送でもやっていたので、広島市長秋葉忠利のロジックの破綻がよく見える記事だ。
 この記事にある「理解が深まった」と主語のないアンケート結果であるが、アンケートの問いは「ヒロシマ五輪招致の内容を理解したか」という内容だ。市民説明会で、これまで明らかにされていなかった全容を説明したのだから、広島市側がまともな日本語で説明をしていれば、「大変深まった」か「ある程度深まった」と言う回答があってしかるべきだ。それを秋葉忠利市長は、「ヒロシマ五輪開催」に対してと意味を取り違えてると言うよりも、自分の好き勝手なロジックにすり替えているに過ぎない。
 秋葉の言うような「理解」という世論を求めるのであれば、アンケートの設問を「ヒロシマ五輪開催を支持しますか」に変えるべきだ。広島旧市民球場の終球式で頭にボールをぶつけられて、このようなことをほざくのなら後遺症かとも心配するが、真顔でこのようなことをシャアシャアとほざくナルシスト市長は、阿久根市長にも劣る売国奴だ。(No.2746)

|

« えげつない商売します大阪市 | トップページ | 民主党完敗よりは不戦敗 »

「スポーツ」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49883635

この記事へのトラックバック一覧です: 死ななきゃ治らない典型が秋葉:

« えげつない商売します大阪市 | トップページ | 民主党完敗よりは不戦敗 »