« 草刈りで命名権を取るせこさ | トップページ | 今日からは晴れて宗男も犯罪者 »

リコールでハシゴ外れた独裁者

阿久根市長リコール署名簿、15日に繰り上げ提出
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長に対する解職請求(リコール)運動を進めている市民団体「阿久根市長リコール委員会」(川原慎一委員長)は6日、署名活動を1週間繰り上げて10日に終え、15日に署名簿を市選挙管理委員会に提出することを明らかにした。
 リコール委によると、署名活動は17日まで可能だが、8月25日時点で8420人分が集まり、解職の賛否を問う住民投票の実施に必要な署名数(6646人)をすでに上回っている。
 川原委員長は「住民から早く署名簿を提出してほしいとの意見が多かった。早期に解職に追い込むために前倒しすることにした」と説明している。
 署名簿の提出後、審査や縦覧などを経て、有効署名数を確定。有権者(9月2日現在、1万9936人)の3分の1以上の有効署名があれば、本請求の後、60日以内に住民投票が実施される。解職に賛成する人が過半数に達すれば市長は失職し、50日以内に出直し市長選が実施される。(以上(2010年9月6日18時31分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100906-OYT1T00926.htm

 阿久根市長の竹原信一へのリコール署名が、署名活動の最終日を待たずに繰り上げて選管に提出されることとなった。
 住民至上主義を掲げ、議会を無視して『専決』で専横を奮った竹原信一だが、リコール署名の人数からすると、半数近い有権者の支持も無かった。彼の行為は、単に自己中心的な民主主義のルール無視に過ぎなかったことが明らかになった。リコール署名の繰り上げ提出は、一日も早く阿久根市政が正常化して欲しいという民意の表れだ。
 住民投票、市長選を経るまでは、竹原独裁政権は続く。しかし、時間は掛かってもこれが、民主主義の手順であるから仕方あるまい。問題は、市長選挙だろう。もし、反市長派が割れて複数の立候補者が立てば、もし、市長選になった場合、立候補を表明している竹原信一が、漁夫の利を得る可能性も残されている。
 阿久根市の問題は、時間が解決するだろうが、大阪府のトップである橋下府知事が、竹原を支持する発言をしていたのが気になる。(No.2694)

|

« 草刈りで命名権を取るせこさ | トップページ | 今日からは晴れて宗男も犯罪者 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49379999

この記事へのトラックバック一覧です: リコールでハシゴ外れた独裁者:

« 草刈りで命名権を取るせこさ | トップページ | 今日からは晴れて宗男も犯罪者 »