« 身の丈を知らぬ秋葉が出す浪費 | トップページ | 枝葉末節で発揮する指導力 »

国民にビデオも見せてない政府

官房長官、中国に修理費求める考え表明
 仙谷官房長官は27日午前の記者会見で、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で海上保安庁の巡視船が受けた損傷に対し、「当然、(中国に)原状回復を請求することになる」と述べ、中国側に修理費などを求めていく考えを表明した。
 仙谷長官は「現時点で行うのか、クールダウンしてから行うのかは別だが、そういうことは当然、わが政府の課題になり得るし、なるべきだ」とも強調、この事件を巡って日本に「謝罪と賠償」を求めた中国政府をけん制した。
 一方、自民党の小池総務会長は27日朝のテレビ朝日の番組で、同事件で中国人船長を釈放した対応について、「検察に重要な判断を任せ、『我々は政治介入しなかった』と言ってることがそもそもおかしい」と、政府の対応を強く批判した。
 小池氏は「(政府の対応は尖閣諸島周辺を)ある意味で『友愛の海』にしてしまうまずい結果を生んでいる。外交として本当に稚拙だ。民主党政権になってからあまりにも脇が甘く、(中国に)つけいるすきを与えてしまったことが最悪の状況を招いている」と語った。
 民主党政権の中国とのパイプに関しても「何より小沢(一郎元民主党代表)さん。あれだけ何百人も連れて行っているんだから」と、昨年12月に民主党議員140人余を連れて訪中した小沢氏の名を挙げ、皮肉混じりに語った。(以上(2010年9月27日11時51分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100927-OYT1T00545.htm

 菅無能内閣の無能官房長官である仙石が、いろいろほざいている。
 しかし、船長を処分保留で釈放した以上、実質、裁判が行われる可能性はゼロなので、海上保安庁が撮影されたとされるビデオの全面公開をしても、何も問題ないはずだ。しかし、3日経っても、ビデオの公開がなされていない。これで、政府官邸がいくら中国漁船がぶつかってきたとほざいていても、世界中の誰も仙石がほざくことを信じることができようか。もしかすると、瀬戸内海で起きた海上保安庁のヘリコプタ墜落事故と同じように、海上保安庁が不都合を海上保安庁内で隠していると思われても仕方あるまい。また、海上保安庁の都合の良いように、ビデオを編集していると勘ぐられても仕方ない。
 政府官邸ぐるみの茶番劇は、今すぐ止めて真実を公開すべきだ。それが、民主主義だろう。検察独自の判断で、船長を解放したなどと思っている日本人は皆無だと言うことをゾウリムシの脳みそをした売国奴・菅直人は悟るべきだ。(No.2713-3)

|

« 身の丈を知らぬ秋葉が出す浪費 | トップページ | 枝葉末節で発揮する指導力 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49579140

この記事へのトラックバック一覧です: 国民にビデオも見せてない政府:

« 身の丈を知らぬ秋葉が出す浪費 | トップページ | 枝葉末節で発揮する指導力 »