« 半数に期待しているタバコ税 | トップページ | 真実は仙石直人が物語る »

鳩に餌やって民主の口封じ

「新しい公共調査会」会長に鳩山氏 役を与えて口封じ?
 6月に首相を退いた民主党の鳩山由紀夫氏が29日、党政策調査会に新たに設置する「新しい公共調査会」の会長に起用されることになった。菅政権に冷ややかな発言を繰り返しているだけに、首相時代の肝いり政策を仕切るポストを与えて「口封じ」する狙いがあるようだ。
 「新しい公共」の担当相でもある玄葉光一郎政調会長は29日の記者会見で、起用の理由について「鳩山氏は新しい公共の提唱者。連携し合えばよい展開ができる」と説明した。調査会は、特定非営利活動法人(NPO)への寄付を促進する優遇税制の拡充などを議論するという。
 また、消費税を含む税制抜本改革を議論する「税と社会保障の抜本改革調査会」の会長に藤井裕久元財務相、会長代理に小沢鋭仁前環境相を充てる。(以上(朝日新聞2010年9月29日20時21分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0929/TKY201009290453.html

 自分が総理時代に何をやったか、自覚の欠片も見えない鳩山由紀夫に民主党は、「新しい公共調査会長」という肩書きをつけて、黙らせようとしていることが明らかになった。
 自分のことは棚に上げた発言で、国民から総スカンを食らっているのさえ分からない宇宙人に、何か任せて良いことがあるのだろうか。とても鳩山由紀夫に国民感情をくみ取る等という高等芸ができるのだろうか。益々民主党が、国民無視の方向に舵を切ったと穿った見方をされても仕方ないことだ。
 鳩を飼ったことがあるが、鳩は餌を啄んでいるときだけは声を出さなかった覚えがある。そこまで、凋落していることの自覚がないのも、鳩山由紀夫の人徳のなす技だとも思える。
「パー、パー、パー、鳩パー、パー
 肩書き欲しけりゃ、ほらやるぞ
 一人で静かにやっていろ」
(No.2716-3)

|

« 半数に期待しているタバコ税 | トップページ | 真実は仙石直人が物語る »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49605092

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩に餌やって民主の口封じ:

« 半数に期待しているタバコ税 | トップページ | 真実は仙石直人が物語る »