« 旧式もバカにできないステルス機 | トップページ | 菅直人思考回路はゾウリムシ »

サスペンスの犯人役が待っている

押尾被告に「自己保身、酌量の余地ない」
 合成麻薬MDMAを服用して容体が悪化した田中香織さん(当時30歳)に適切な救護措置を取らずに死なせたとして、保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反に問われた元俳優・押尾学被告(32)の裁判員裁判の判決が17日、東京地裁であった。
 山口裕之裁判長は保護責任者遺棄致死罪の成立は認めず、保護責任者遺棄罪の適用にとどめた上で、「麻薬使用の発覚を恐れ、芸能人の地位や仕事を失いたくないという自己保身で被害者に必要な保護をせず、酌量の余地はない」と述べ、懲役2年6月(求刑・懲役6年)の実刑を言い渡した。押尾被告側は控訴した。
 公判では、押尾被告が田中さんの容体に異変が生じた直後に119番していれば、救命できたかどうかが最大の争点となった。(以上(2010年9月18日03時03分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100917-OYT1T00990.htm

 押尾学の一審判決では、「保護責任者遺棄致死罪」が成立せず「保護責任者遺棄罪」の適用により、懲役2年6月の判決が下りた。
 しかし、「死人に口なし」とほざいた押尾学にとっては、刑罰が重すぎるとして即日控訴した。「致死罪」の成立が公判の争点であったが、検察側と弁護側との救命救急医の見解が分かれ、「致死罪」が成立しなかった。個人的な意見であるが、もし自分が救急車で病院に搬送された際には、弁護側の救命救急医の元に運ばれないことを祈りたい。命に関わることだが、ダメもとで救命医療を行う医師と何とか命を救いたいという医師とでは、蘇生率も変わってくるだろう。
 押尾学としては、最低でも執行猶予と考えているのだろうが、懲役2年6月なら前回の執行猶予の刑と合わせても、懲役4年だ。大人しくして模範囚にでもなれば、3年少々で娑婆に出てくることができる。
 押尾学は、仕事の選り好みをしなければ、サスペンスの犯人役がはまり役となり、芸能界に復帰できるだろう。(No.2705)

|

« 旧式もバカにできないステルス機 | トップページ | 菅直人思考回路はゾウリムシ »

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49482684

この記事へのトラックバック一覧です: サスペンスの犯人役が待っている:

« 旧式もバカにできないステルス機 | トップページ | 菅直人思考回路はゾウリムシ »