« リコールでハシゴ外れた独裁者 | トップページ | 民主党政治とカネに疎いだけ »

今日からは晴れて宗男も犯罪者

鈴木宗男衆院議員、実刑確定へ…近く収監
 林野庁の行政処分や北海道開発局の工事を巡る不正口利き事件で計1100万円のわいろを受け取ったなどとして、あっせん収賄や受託収賄など四つの罪に問われた鈴木宗男衆院議員(62)の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は鈴木被告の上告を棄却する決定をした。
 決定は7日付。懲役2年、追徴金1100万円とした1、2審判決が確定する。鈴木被告は、公職選挙法と国会法の規定により失職し、近く収監される。
 実刑確定による国会議員の失職は、ゼネコン汚職事件であっせん収賄罪に問われ実刑が確定し服役した中村喜四郎衆院議員(61)以来、4人目。
 1、2審判決によると、鈴木被告は官房副長官だった1998年8月、入札参加資格停止処分を受けていた製材会社「やまりん」(北海道帯広市)から、行政処分の終了後に有利な契約が得られるよう林野庁への働きかけを依頼され、現金500万円を受領。北海道開発庁(当時)長官だった97~98年には、「島田建設」(網走市)から、北海道開発局発注の工事を受注できるよう便宜を図った見返りに現金計600万円を受け取るなどした。(以上(2010年9月8日13時45分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100908-OYT1T00660.htm

 最高裁が、鈴木宗男の上告を棄却して、長かった裁判も終わり、晴れて鈴木宗男は、犯罪者であることが決まった。
 政治屋の中には、最高裁判決が下りるまでには、あの世に逝かれる方も多かったが、拘置所の中でも体操をして体力を温存した鈴木宗男は、現役の衆議院議員の失職という恵まれた政治屋の最期を迎えた。
 日本の司法制度は、三審制で判決が確定するまで容疑者は『推定無罪』が適用される。しかし、政治家にまで推定無罪を適用するのが良いのだろうか。政治家である以上、一般国民よりも高い倫理性を求めても良いのではないだろうか。一審判決で有罪が言い渡された時点で、収監は無しとしても国会議員資格の剥奪は行っても良いのではないだろうか。一審判決で犯罪者としての可能性の極めて高いことが明確になった以上、政治の世界から去るべきではないだろうか。
 しかし、法案を作るのは国会議員だ。国民の利益より自分達の権利を守る方を優先させるだろうから、一審有罪で議員資格剥奪など誰も言い出さないだろう。それ故に、政治家と呼べない政治屋なのだ。(No.2695)

|

« リコールでハシゴ外れた独裁者 | トップページ | 民主党政治とカネに疎いだけ »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49389437

この記事へのトラックバック一覧です: 今日からは晴れて宗男も犯罪者:

« リコールでハシゴ外れた独裁者 | トップページ | 民主党政治とカネに疎いだけ »