« チャレンジを少女時代は忘れない | トップページ | AVを地でいくようなイエスマン »

身の程を知らぬ男の自爆劇

鳩山氏「ボクは何だったんでしょう」
 31日午後、衆院第1議員会館の菅首相の事務所に、前原国土交通相ら菅氏陣営の幹部が勢ぞろいした。
 菅氏は言い切った。
 「あらかじめ人事の話をするのは、国民からみて容認できない」
 菅氏は小沢一郎前幹事長との全面対決を避けるため、「脱小沢」路線の転換を迫る小沢氏陣営に屈するのでは――。そんな前原氏らの懸念は、払拭(ふっしょく)された。
 約2時間後、党本部で行われた菅、小沢両氏の会談はわずか30分で終了。直後に両氏 は出馬表明した。
 それでも、ぎりぎりまで「小沢氏不出馬」の見方が消えなかったのは、菅氏、小沢氏、鳩山前首相の「トロイカ体制」に、輿石東参院議員会長を加えた「トロイカ+1(プラスワン)」の重視で、両陣営が一致していたからだ。
 最初は、小沢氏のアイデアだった。「挙党態勢をきっちりやると言うのなら『トロイカ+1』だな」
 小沢氏の意を受けた輿石氏が30日、菅氏に「受け入れる腹はあるか」と詰め寄ると、菅氏は「ある」と応じた。同日夜の菅、鳩山両氏の会談でも「トロイカ+1」で一致、対決回避との楽観論が広がった。
 だが、同床異夢だった。
 菅氏は31日、陣営幹部に「何かあったら相談するという意味」と、「トロイカ+1」は実権のない「顧問会議」のようなものと解説。これに対し、小沢氏の「トロイカ+1」は、政策からカネまで党運営すべてに拒否権が発動できる「最高幹部会議」。菅氏側には31日になって、小沢氏側が具体的なポスト提示を求めているとの情報も伝わった。菅氏がのめる話ではなかった。
 「4人で会えば密室談合と批判される。2人で会う」
 菅氏は31日午前、前夜に了承していた4人での会談を拒否、小沢氏との1対1の会談に臨んだ。
 一方、「仲介役」を買って出た鳩山氏は31日夕、周辺に「ボクはいったい、何だったんでしょうね」とぼやいた。首相を退いたばかりの鳩山氏の行動が混乱を増幅させた面は否めない。ある中堅議員は切り捨てた。
 「宇宙語しか話せない伝書バトはダメだ」〈3面に続く〉(以上(2010年9月1日03時04分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100901-OYT1T00149.htm

 菅直人、小沢一郎の代表戦出馬で、鳩山由紀夫の身の程を弁えぬドタバタ劇に終止符を打った。
 鳩山由紀夫の一連の行為に、テヨン(少女時代)の歌う『ツゥルリナヨ(邦題:聞こえますか、ベートーベンウイルスの挿入歌)』の歌詞の一節を思い浮かべる。「パボチョロン、アイチョロン(バカみたい、子供みたい)」の「パボ(バカ)」「アイ(子供)」は、鳩山の行動の原点だ。自分がどういう経緯で総理辞職せざるを得なかったことも忘れて、同じようなことを繰り返したこと、鳩山家の4代目として、純粋培養で育ち、世間を知らない子供レベルの発想で国政をより一層混迷の度を深めたことと合致する。また、孫子曰く「相手を知り、己を知れば、百戦危うからず」という一文があるが、菅直人・小沢一郎の本性も知らず、自分自身のことは都合のよい解釈をしているだけで、戦に勝てないというのは、二千年以上も前から、分かっていることだ。
 また、「トロイカ+1」と勝手に決めてかかったようだが、そいつらが拒否権を持つなど、国連の安保理事会を見れば、4人が妥協できるように「玉虫色」でかつ恣意的な政策になるだけで、実効的なことは何も進まないだろう。それに、ほとんど休憩をしていて時々とんでもない方向に思いつきで突っ走るだけの菅直人、豪腕はよいが国民から見放されている小沢一郎、総理辞任で政治屋生命を自ら絶ってもその意味すら理解できない鳩山由紀夫、どれだけの政治手腕があるのかも世間に知られていない輿石東だけで、政策決定がなされる体制など、民主主義の根幹を揺るがす行為であるし、それならば、まず、名と体とが遊離した「民主党」の党名を変えなければなるまい。
 民主党に新しい政治を求めた国民が、愚かだったことが明確になった。菅直人がなろうが小沢一郎がなろうが代表=総理になった時点で、国民に信を問うべきだろう。ここまで、4名の無能な政治屋が、スポットリリーフの短期政権を続けてきたが、もう一人増えても世界から又かと思われるだけで、大したことではない。民主党が野党時代に、自民党総裁=総理が代わる度に、総選挙を声高に求めたことを民主党は実践すべきではないだろうか。(No.2688-2)

|

« チャレンジを少女時代は忘れない | トップページ | AVを地でいくようなイエスマン »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49312430

この記事へのトラックバック一覧です: 身の程を知らぬ男の自爆劇:

« チャレンジを少女時代は忘れない | トップページ | AVを地でいくようなイエスマン »