« 電力で命を買っている暮らし | トップページ | 図書館のホームページは飾り物 »

核兵器持った国にも支援する

原子力協定に「核軍縮」明記を=岡田外相、日印戦略対話で要請
 【ニューデリー時事】岡田克也外相は21日、インドの首都ニューデリーでクリシュナ外相との日印戦略対話を行った。両氏は6月に開始した両国の原子力協定の締結交渉を加速させることを確認。ただ、岡田氏は国内の慎重意見を踏まえ、協定の中に核軍縮に向けたインドの考え方を盛り込むよう要請した。
 岡田氏は会談でクリシュナ外相に対し、唯一の被爆国である日本では核拡散防止条約(NPT)非加盟のインドへの協力に慎重な世論があると説明。インドが再び核実験を実施した場合には協力を停止する考えを伝えるとともに、協定への「核軍縮」明記に理解を求めた。
 これに対しクリシュナ氏は「交渉は難しいかもしれないが、良い協定ができるよう努力する」と応じた。
 経済連携協定(EPA)をめぐっては、年内のシン首相訪日までに交渉妥結を目指すことで一致。岡田氏は経済協力拡大のための閣僚級協議の創設を打診した。同氏は会談後の記者会見で、交渉は比較的順調だとしつつ、「最終的には政治的決断を求められることもある」と述べ、両国間で妥協を図る可能性も示唆した。 
 外相戦略対話は2007年から毎年行われ、今回が4回目。これに先立ち、岡田氏はシン首相を表敬訪問し、インド政府に核不拡散への取り組みを強化するよう要請。シン首相は核実験モラトリアム(凍結)を継続する考えを示した。(以上(時事ドットコム2010/08/22-00:31)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010082200003

 岡田外相が、しゃしゃり出て原発の販売のためにインドに出向いて、原子力協定の締結交渉を行った。
 確かに、原発を製造する会社にとっては、インドという市場は美味しいものだろう。しかし、インドに原発を売ると言うことは、インドが核兵器を持つと言う事実をなし崩し的に認めるものだ。いくら文書に「核軍縮」を記載したとしても、何の効力も持たない単なる記載に過ぎない。岡田は、インドが核実験を実施した場合、協力を停止するとほざいているが、もし、原子力協定を調印し原発建設中に、インドが核実験を行った場合、原発メーカの買掛金は政府が補償する気なのだろうか。また、経済連携協定も、核兵器を保有するだけの国力のあるインドに、経済支援をする必要があるのだろうか。
 核拡散を実施している国(インド、パキスタン、北朝鮮、イスラエル)に何かしらの支援を行うことは、それらの国の核保有を認知する行為に等しい。世界唯一の被爆国として、例え国益を損ねようとも「武士は食わねど高楊枝」であるべきだ。わざわざ、インドなどを支援しなくても、世界にはもっと支援を待っている国があるのではないか。(No.2688)

|

« 電力で命を買っている暮らし | トップページ | 図書館のホームページは飾り物 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49215730

この記事へのトラックバック一覧です: 核兵器持った国にも支援する:

« 電力で命を買っている暮らし | トップページ | 図書館のホームページは飾り物 »