« 2、3年経てば錆び出すのがマツダ | トップページ | 3回に増えてテヨンが可哀相 »

新柄も努力義務では意味は無し

新高齢者マークはクローバー、もみじも残った
 警察庁は19日、不評だった70歳以上の高齢者ドライバー向けの「もみじマーク」に代わり、四つ葉のクローバーをデザインした新しいマークを採用することを決めた。
 年内にも道路交通法の施行規則を改正して新マークを導入するが、もみじマークも使用可能とする。
 新デザインは、幸福を象徴する四つ葉のクローバーの中に、シニアの「S」を組み合わせたもの。公募で寄せられた大阪市在住のグラフィックデザイナー松山幹生さん(31)の原案に、同庁の有識者委員会が微修正を加えた。
 もみじマークは1997年に努力義務として導入されたが、「枯れ葉のよう」などと不評だったため、同庁が昨年11月に代案を公募。寄せられた約1万4000点から有識者委員会が選んだ4図案と、もみじマークについてアンケートや意見募集を行った。
 全国のドライバー約3400人へのアンケートでは、クローバーのデザインを支持した人が42%と最も多く、理由は「カラフルでどの車にも合う」などだった。もみじマークも次点の22%の支持を得たため、無期限で使えるようにした。(以上(2010年8月19日12時38分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100819-OYT1T00577.htm

 警察庁が、不評だった高齢者マークに新しい図案を決めた。
 しかし、努力義務ということは変わらず無意味だ。マークを付けない者は、特に、自分の運転テクニックを過信している高齢者ドライバーが非常に多い。そう言う者に限って、予断を許さない自己中心的な運転をする。そのような車を追い越して、面を見てどう見ても、70歳以上と思われる者が運転している。マークを付けたからと言って、アクセルとブレーキの踏み間違えまで無くなる訳ではないが、マークを付けていれば、まだ、高齢者だから予断を許さない動きをするかも知れないという認識を持って、他のドライバーが気を付けることができるし、ちんたら追い越し車線を走っても、高齢者なら仕方ないと言う気になり、安全な所で追い抜く余裕もできる。
 認知症と言っても、検査時に全ての者にその症状が現れる訳ではない。高齢者マークを個人情報漏洩だとほざく高齢者も私は知っている。初心者マークと同じ扱いを高齢者マークにも適用して、信賞必罰とすべきだと私は強く感じる。それでなければ、警察庁の自慰行為に過ぎない。(No.2685-2)

|

« 2、3年経てば錆び出すのがマツダ | トップページ | 3回に増えてテヨンが可哀相 »

川柳」カテゴリの記事

老後」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49189494

この記事へのトラックバック一覧です: 新柄も努力義務では意味は無し:

« 2、3年経てば錆び出すのがマツダ | トップページ | 3回に増えてテヨンが可哀相 »