« 少女時代(ソニョシデ)がマジで日本にやってくる | トップページ | 結局は私怨で動く独裁者 »

下っ端も政治とカネの民主党

後藤氏、議員辞職は考えず 当選有効確認訴訟へ
 昨年8月の衆院選で公選法違反(日当買収)の罪に問われた出納責任者の有罪が確定することを受け、民主党の後藤英友衆院議員は31日、熊本市の党県連で会見し、近く当選有効の確認を求める訴訟を福岡高裁に起こし、議員辞職する考えがないことを強調した。
 公選法では、出納責任者は連座制の対象となり、後藤氏は有罪確定通知を受けてから30日以内に訴訟を起こさなければ失職する。
 後藤氏は会見で、提訴は開会中の臨時国会が閉会する6日以降と説明。公選法違反の事実関係は争わないとした上で「違反は運動員に対しての日当買収であり、悪質性は低い。選挙で選ばれた議員を失職させるほどのものではない」と主張し、「国会議員としての職責を果たすのが私の務め。自ら辞職する考えはない」と述べた。
 党県連代表の松野信夫参院議員は「県連として監督不十分だったと反省している」と謝罪する一方、後藤氏には「出処進退について党本部と慎重に話し合ってほしい。いたずらに結論を引き伸ばすのは県民の支持を得られない」と話した。
 後藤氏は熊本3区から立候補し、比例九州で復活当選した。一、二審判決によると、出納責任者だった井上広世被告(43)=熊本市=は人材派遣会社社長ら2人と共謀し、運動員8人に選挙運動への報酬として総額72万9千円を支払った。最高裁は29日付で井上被告の上告棄却の決定をした。(福井一基) (以上(くまにちコム2010年08月01日)より引用)
http://kumanichi.com/news/local/main/20100801002.shtml

 先の総選挙で熊本3区から立候補し見事に落選しながら、比例区で復活当選を果たした後藤英友の出納責任者の公職選挙法違反が最高裁で決定されたが、政治屋後藤英友は、「悪質性は低い」とほざいて、国会議員を辞職することなく、当選有効確認訴訟を起こすことにしたらしい。
 後藤秀友が、このようなことをシャーシャーとほざくのも、民主党では、もっと大きなことをしていながら、国会議員の座に鎮座している鳩山由紀夫や小沢一郎がいるからだろう。「日当買収」の悪質性を云々しているが、出納責任者の有罪判決は、連座制の対象なので、潔く国会議員を辞すべきだ。
 公職選挙法に後藤秀友は「少し問題がある」(Wikipedia「後藤秀友」の項参照)とほざいている。この後藤秀友の場合、「熊本3区と比例九州」では5年間立候補できないが、他の選挙区、他の選挙では堂々と立候補できることだ。問題があるとすれば、連座制で辞めた議員には、5年間の『公民権停止』にされていない点だと私は考える。
 それにしても、民主党の上から下っ端まで『政治とカネ』にまみれていることだけは、この事件で如実に示したと私は思う。(No.2670)

|

« 少女時代(ソニョシデ)がマジで日本にやってくる | トップページ | 結局は私怨で動く独裁者 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49036104

この記事へのトラックバック一覧です: 下っ端も政治とカネの民主党:

« 少女時代(ソニョシデ)がマジで日本にやってくる | トップページ | 結局は私怨で動く独裁者 »