« 新型も実弾撃てぬ戦闘機 | トップページ | 先手打つことはまず無い法務省 »

頑張らず今すぐ辞めろ菅直人

「できる限り頑張る」=菅首相が同窓生と会食
 菅直人首相は8日、都内のホテルで出身地である山口県宇部市の小中学校の同窓生13人と会食した。同窓生が「できる限り長く頑張って」と激励すると、首相は「できる限り頑張る」と応じ、9月の民主党代表選での再選に意欲をにじませた。
 首相は母校の小学校あての色紙に「元気で遊び元気で学べ」と記し、同窓生に託した。一方、自らの近況に関しては「ラーメンを食べようと思っても、すぐには出られない。窮屈だな」と、首相公邸での生活をぼやいていたという。(以上(時事ドットコム2010/08/08-16:53)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010080800096

 臨時国会の予算委員会で、無能の限りを示した菅直人が、山口の同窓生に「できるだけ頑張る」とまだ、政権にしがみつくと言う姿勢を見せた。
 民主党内をまとめられない菅直人の総理人生も、民主党代表選挙までだろう。後3日総理をやれば、戦後最短の在任期間であった羽田内閣の64日を越えるのだから、もう良いだろう。そうすれば、誰にも遠慮せずに「ラーメン」を食べにも行けるだろう。
 人の話は聞かず、持論だけほざいていても、内閣支持率は下がる一方だろう。これ以上恥の上塗りをせずに、さっさと辞めることが、国民に取って一番有難いことだと言うことを早く菅直人は認識すべきだ。広島の平和記念式典とその後の発言で見事な二枚舌を発揮した。もうそれで良いのではないか。菅直人が総理にしがみついていても、日本が良くなるような兆しすら見えない。口先だけでは、「国民を騙すことができない」と言う貴重な教訓も受けたはずだ。
 菅直人は、総理の座に何の未練があるのか、まず、国民に示すべきではないだろうか。(No.2677)

|

« 新型も実弾撃てぬ戦闘機 | トップページ | 先手打つことはまず無い法務省 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49097238

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張らず今すぐ辞めろ菅直人:

« 新型も実弾撃てぬ戦闘機 | トップページ | 先手打つことはまず無い法務省 »