« 新柄も努力義務では意味は無し | トップページ | 独裁者単に議論ができぬだけ »

3回に増えてテヨンが可哀相

少女時代、日本初ライブに2万人予想
 少女時代は日本の音楽市場に旋風を巻き起こしそうな勢いだ。
 25日に東京・有明コロシアムで開催される少女時代の日本初ショーケースライブは、現地ファンの爆発的な反響を呼び、当初予定されていた1公演から急きょ2公演追加され、計3公演となった。
 日本デビュー記念DVDの購入者を対象にした今回のライブは、日本のメディアやファンの注目を浴び、追加公演が決まるなど、初ライブで計2万人の観客を集めるものと予想され、アジア最高のガールズ・グループであることの証しといえる。
 これまで行われた韓国人シンガーの日本初ライブはほとんどが2000-3000人規模だったことを考えると、2万人が予想される少女時代の初ライブがこれらを上回るのは確実だろう。
 少女時代は9月8日に韓国でのヒット曲の日本語バージョンと韓国語バージョンを収録した日本デビューシングル「Genie」をリリースし、日本市場に本格的な進出を果たす。イ・ジョンヒョク記者(以上(スポーツ朝鮮/朝鮮日報日本語版2010/08/19 11:32:35)より引用)
http://www.chosunonline.com/entame/20100819000047

 楽天のメルマガが届いた直後に、今回のショーケースライブの入場券の入った限定版DVDにアクセスしたが、その時は既に完売になっていた。限定数は分からないが、この記事からすると2万部限定だったのだろう。それにしても、1公演が3公演に増えたことは喜ばしいことだが、彼女らも疲れるだろうなと思う。
 少女時代(ソニョシデ)は既に中国ではビックアイドルグループで、そう言う意味では、日本は『少女時代』発展途上国とも言える。職場の中国の留学生とは、「テヨン」が良い、「ユナ」が良いと言う会話が成立したが、日本の大学生は、少女時代の存在すら知らなかった。
 日本では一流らしいが、おにゃんこクラブを筆頭にアイドルは使い捨ての秋元康の芸で勝負をしないプロデュースに、警告を与えるものになって欲しい。少女時代の歌唱力、ダンス、他の才能どれを取っても中途半端なものは無いと私は感じる。
 個人としては、少女時代が日本で流行って欲しくない。なぜならば、彼女らの活動は、韓国からの輸入で対応できるし、日本で陳腐化して欲しくない。しかし、私の希望は裏切られるに違いあるまい。(No.2686)

|

« 新柄も努力義務では意味は無し | トップページ | 独裁者単に議論ができぬだけ »

川柳」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

韓流」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/49191789

この記事へのトラックバック一覧です: 3回に増えてテヨンが可哀相:

« 新柄も努力義務では意味は無し | トップページ | 独裁者単に議論ができぬだけ »